楽しく続く英語学習!音読エクササイズのススメ【英語をさらっと聞き取るコツ】

前回、英語のリスニング力アップの方法の前提として「自分で言えることは聞こえる」という法則があり、そのためには正しい発音にフォーカスして、たくさん発話練習することが必要になるということをお伝えしました。
今回はどうやって自分で練習するのか、リスニング力アップの基本の続編をお伝えします!

リピーティング・エクササイズ

発話練習として良く使われるのが「音読」ですが、音読エクササイズには、シャドーイング、オーバーラッピング、暗唱など、さまざまな種類があります。私がおすすめするのはリピーティングというエクササイズです。

リピーティングとは、短い文の音声を聞き、それをそのままリピートする(再現して音読する)というエクササイズです。

効果は抜群!

リピーティングには以下の3つの効果があります。

①聞いたものをそのまま発話するだけなので、簡単にスタートできる。

②短い文を音声を使って、何も見ずに発話することで、短期記憶保持力強化にも役に立つ。

③ネイティブ音声を忠実に再現するから発音矯正につながる。   

コツ1:単文、短文を使おう!

【単文を使うこと。特に以下のことに気をつけるとさらに効果アップ!】

①自分にとって「簡単」なものを選ぶ。

②文法教材の単文を使うことで、文法事項の復習になる。

⇒TOEICのPART5の素材文なんかもおすすめです。

③言いたいけど言えなかった文をまとめる。

⇒これは最終的に自分のオリジナル教材になります。

④自分の苦手な単語の学習ができる素材を選ぶ。

コツ2:五感をフルに活用

【目、耳、口を使う】

大人の方にとって、意味のないものを繰り返し音読しているのは苦痛。なので、わからないことは必ずスクリプト(文字)を見て意味を確認してください。

音声だけを繰り返しているのではなく、文字を見て中身を自分に落とし込み、また音だけでという感じで、自分の音読練習にバリエーションを作りましょう。

コツ3:楽しもう

【楽しみながらレッスンを重ねる】

音楽をかけながらそれにあわせて音読してみたり、洋楽がお好きな方なら歌を歌うことで音読エクササイズも良いと思います。その時にはぜひアーティストになりきってくださいね!

おすすめはジャズチャンツというエクササイズです。キャロリン・グレアムさんによってつくられた、ジャズを取り入れた英語学習法で、ジャズのリズムにのって英語を発話することで、英語の自然なリズムや抑揚が身につきます。

何でも楽しければ続くもの! 自分にあったエクササイズを見つけていただき、ご自身の英語学習の継続に役立ててください!


MeRISE英会話
ナビゲーター
MeRISE英会話
セブ島留学と英会話スクールのMeRISE(ミライズ)。セブ留学は一つ何かにチャレンジしてみたい女子に人気!講師陣は全員が英語を「教えるための」資格を持っています。
このナビゲーターの記事を見る