ムダ使いを防止して節約!今こそ大至急、クレジットカードの使い方の見直しを

毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。取材をしていると、「毎月のカードの請求を支払うと、貯蓄ができない」など、クレジットカードに関する悩みを抱えている人が多い様子。

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子先生に、クレジットカードやデビットカードなど、カード類との上手な付き合い方について教えていただきました。


管理レベルに合わせて使い分けを

「毎月のカードの請求で貯蓄ができない」
「ボーナス払いで欲しい物をついつい先に買ってしまう」
「ポイントを貯めようと、どんなに小さい金額でもカードを使ってしまいます」
「うっかりリボ払いにしてしまい、支払いがまだ終わっていません」

こういったクレジットカードにまつわる悩みを持つ人はたくさんいます。
消費に対してポイントを貯められるのはクレジットカードならではの特典ですが、その反面、クレジットカード払いにすると現金払いより支出がかなり増えることが数多くの研究結果により示されています。これは、お金を使っているという感覚が麻痺してしまいやすいからです。

多くの人はポイントの得以上に使い過ぎてしまっている傾向にあります。ポイントの還元はせいぜい1%前後ですし、しかもポイントを交換して初めてお得になりますから。

そこで大切になってくるのが、自分のお金の管理能力に合わせたお金の使い方を心がけること。次の5つのチェックリストで、ご自分のマネーレベルを診断してみましょう。

□衝動買いが多い
□家計簿を細かくつけていない
□クレジットカードの明細や銀行通帳をじっくり見ない
□クレジットカードがあると翌月の給料やボーナスを当てにして買い物をしてしまう
□ポイントを貯めるのは好きだけど、めんどくさがり屋なのでなかなか使い切れない

チェックが4個以上つく人は「お金に振り回されてしまうレベル」です。
ポイントが貯まるからといってカード払いにするものの、使い過ぎてしまうことも。明細を見て「こんなに支払えない」と嘆き、リボ払いに変更する人もいますね。
このレベルにいる人は、デビットやプリペイドカードなどをおすすめします。後払いにするとポイント以上に使い過ぎる可能性があるからです。お金を使うときに現金の重みを毎回感じ、使ったら細かく家計簿に記録したり、デビットの記録を確認するとよいでしょう。

チェックが1~3個の人は「油断は禁物レベル」です。
いつもは節約していても、たまにドカンと買い物をしてしまったり、ポイントを貯めるのは好きだけど使うのが下手だったりします。固定費だけをクレジットカード払いにするなど、部分的にクレジットカードを利用するのも手です。

チェックが0の人は「お金を上手に使いこなせているレベル」です。
必要な消費の多くをクレジットカード払いにしてポイントを貯めてもよいでしょう。同時に家計簿を細かくつけたり、明細の隅々まで目を通せばパーフェクトです。

花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
ナビゲーター
花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
外資系投資銀行に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立。テレビや、Web、雑誌など多方面で活躍中。近著に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP刊)。公式ブログはhttp://yokohanawa.com/blog/ YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCrYwNKYMyOOfPTKF5RxO65Q も参考に!
このナビゲーターの記事を見る