初心者にも簡単に作れる、海外のヘルシー朝ごはん

仕事はもちろんですが、プライベートも充実させたいですよね。それにはやっぱり美ボディでいることが大切なのではないでしょうか。疲れを溜めないカラダを目指して、今年は内側から変えたいところです。今こそ、新しいことにチャレンジする絶好のチャンス。まずは普段の食事スタイルに、ちょっとひと手間加えてみることから始めてみましょう。
ひと手間テクのヒントとして紹介したいのが、栄養バランスが整った各国の朝食レシピ。”ヘルシー=和食”というイメージが強いですが、実は海外にもヘルシーな料理がたくさんあります。手料理のレパトリーが増やせるだけではなく、家にいながら旅行した気分も味わえるはず。今回は世界のヘルシー朝食の中から、特におすすめのレシピをご紹介します。

ハリウッド発祥の “コブサラダ” をアレンジして、オリジナルヘルシーサラダに挑戦!

葉物をベースに、アボカド・トマト・ブロッコリーなど新鮮な野菜をマッシュルームと合わせたら、市販のコブサラダドレッシングを加えましょう。
手作りドレッシングにチャレンジするなら、マヨネーズとケチャップを合わせたオーロラソースを作り、カレー粉を少し足してスパイスが効いたサラダにするとGOOD。
生の野菜を使うことで、熱によって栄養素が壊されることもなく、しっかり噛めるので満腹感も得られます。大きなお皿に盛れば、見た目からカラフルで食欲をそそること間違いなし!

トマトとチーズが相性抜群! “シャクシューカ”

北アフリカや中東で朝食として愛されているシャクシューカ。
ホールトマトに、スライスした玉ねぎ・緑の野菜(ケールやブロッコリー、ほうれん草など)・刻んだトマトを、大きめのフライパンに入れ、中火でしばらく煮込みます。全体がくつくつと沸いてきたら、卵を表面に落として蓋をし、弱火で蒸したら完成。
蒸す時間によって、卵の半熟加減が変わるので、お好みで蒸し時間を調整してみて。味付けは塩胡椒やスパイスでシンプルにするのがコツ! 大人な味にしたいなら、お好みでチリパウダーを足してみて。ひとつのフライパンで4人分は作れるので、パーティーなどおもてなし料理にもおすすめ!

ハワイといえば! アサイーボウル

冷凍のアサイーとバナナをミキサーで混ぜ、無糖ヨーグルトや好きなフルーツをトッピングすれば、南国“ハワイ”の定番朝ごはんが完成! グラノーラをプラスすれば、平日の朝ごはんにもぴったり。バナナの甘さがちょうど良いので、甘味は加えないのがベスト。どうしても甘さが足りないという女子は、はちみつをトッピングしてあくまでヘルシーさを意識して。

イタリアン気分に。“カプレーゼモーニング”

スライスしたトマトにモッツァレラチーズを添えてカプレーゼを作ります。そこに、トーストしたパンとサラダや蒸した豆を付け合わせたら、イタリアンモーニングの完成。
トマトの甘みとチーズの程よい塩気がやみつきになること間違いなし! 欲張りな女子におすすめのアレンジは、カプレーゼと一緒に生ハムやスモークサーモンをトーストにのせたオープンサンド。たんぱく質も取れるので、栄養バランスもばっちりです。

これから料理に挑戦してみたいという女子にも。

From Getty Image

家で食べる朝ごはんがこんなにおしゃれだと、1日が充実してると感じられるはず。料理を作る上で大事なのは、”楽しみながら作ること”。ただなんとなく作って食べていたのでは、女子力は一向にあがりません。栄養バランスを考えながら、おいしい料理を作ろうという気持ちが、あなたをまた一歩 “美ボディ” に近づけてくれるのです。
今回紹介した朝ごはんレシピは、簡単で手早く作れる料理ばかり。自分で楽しむのはもちろん、友達や彼氏にサーブすれば、株があがること間違いなし! 2017年はヘルシーな朝ごはんから始めてみませんか?

文/マキシ

マキシ/トレーニング・トレンドウォッチャー
ナビゲーター
マキシ/トレーニング・トレンドウォッチャー
世界中のパーソナルトレーナーの最新情報を追いかける、トレーニング・トレンドウォッチャー。自らも17kg減量に成功したキャリアを持つ。美しいボディラインを作り出すための知識を日々キャッチアップしてお届けします。
このナビゲーターの記事を見る