時間がない&野菜不足が気になる日に助かる!注目のミールキット

編集部のメンバーが気になるモノゴトを綴るエディターズ通信。あなたの気になるネタが見つかるかも!   

【Fromエディターズ】 帰宅が遅くなると料理するのが面倒、でも外食する気分でもない。偏った食事が続いて野菜不足が気になる。そんな経験ありませんか?

この憂鬱(ゆううつ)な夜ごはんの時間を、心晴れやかにしてくれるミールキットを食品宅配サービス「Oisix」さんにご紹介いただきました! それが、昨年から「Oisix」で取り扱いがスタートした、米国のヴィーガンミールキットブランド「Purple Carrot(パープルキャロット)」のミールキットです。

いただいたのはこの3種。左から、

・れんこんつくねスープ
・豆腐そぼろのビビンバ
・ジャージャー麺

今回は豆腐そぼろのビビンバの詳細をご紹介します。

完全菜食主義者を意味するヴィーガンは、肉や魚はもちろん、卵、チーズ、バター類、はちみつ、ゼラチンなども一切口にしません。これを聞くとストイックな食事をイメージするかもしれません。私もそのひとり。あまり慣れないヴィーガン食は一体どんな味なのだろう。。。

さて準備をはじめましょう。ミールキットは料理に必要な材料が揃っていて、献立に悩む必要もなし。同封のレシピ通りに作れば、20分で料理が完成します。

こちらが今回使用する食材。一部の食材はすでにカットされています。ヴィーガンメニューのため、豆腐そぼろを使用。化学調味料不使用のナムルだれも入っています。自分で用意するのは塩、ごま油、ごはんだけ。

小松菜とニラ、えのきを切ります。

ビーツは皮をむいてせん切りに。塩もみすると、他の野菜と合わせて食べやすくなるそうです。

豆腐そぼろは袋の口を少し開けて、耐熱皿にのせ、レンジで加熱。

あとは食材を炒めて、味付け → お皿に盛り付けたら、ビーツとレモンを飾って終わりという超時短メニューです。

味はというと、肉の脂っこさがないため、レモンの爽やかな香りも相まってさっぱりとした風味が口いっぱいに広がります。野菜たっぷりでヘルシーだから、昼に食べ過ぎた日や夜遅めのごはんにちょうどいい!

このように肉の代わりに大豆や豆腐などを使用したり、食材の意外性ある使い方を発見でき、ハーブやスパイスを使った香りや食感も楽しめる彩り豊かなメニューだから日常的にヴィーガンでなくても食べやすいものばかり。

アメリカ本土でもパープルキャロットの利用者の約8割は「時々ヴィーガン」の食生活を楽しんでいるそう。例えば「昨日はお肉を食べすぎてしまったから、今日はヴィーガンメニューにする」。そんな取り入れ方でも良いのです。

他にも工夫を凝らしたさまざまなメニューが展開されているので、気になった人はぜひ週1回〜取り入れてみるのもおすすめです!(GINGERweb編集部 SHIMOGATA)

www.oisix.com/sc/pc_pc

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る