簡単なのに本場の味!手作りチャイで午後のティータイムが充実

こんにちは! カレーと音楽が好きなイラストレーター、かざまりさです。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、外出自粛の日々が続いています。今回はおうちで手軽に作れる、本格チャイのレシピをご紹介します。

インドとチャイ

はじめに、チャイとは甘く煮出したインド式ミルクティーのことをいいます。もともとはイギリスに輸出できないような品質の低い茶葉を美味しく飲むためにカルダモン、シナモンなどのスパイスを足したことが始まりで、スパイスを追加したチャイを「マサラチャイ」と呼びます。

使用するスパイスはお店ごとに異なりますが、茶葉は共通して香りが弱く味の濃いアッサム、セイロンなどが使われることが多いようです。

インドでチャイは1日に何度も飲まれます。
屋台ではワダ(豆のドーナツ)などの軽食と一緒に供されることも。

陶器の茶碗のような器に注ぎ入れ、飲み終えると地面で叩き割り使い捨てするのがインド式。また、高い位置から器に注ぎ入れることでお茶に空気を含ませ、砂糖を混ぜ合わせます。牛乳と紅茶を別々に用意し、注ぎ入れる際に混ぜ合わせることもあります。

日本にあるインドレストランでも、提供の際にパフォーマンスも兼ねて高い位置からの注ぎ入れを見せてくれるお店もあります。幸運にも見られた際には、チャイの泡立ちにも着目してみてください。

おうちで簡単!本格チャイ作り

今回はスーパーやKALDIなどで手軽に手に入る材料でチャイを作ります。

材料(小コップ4杯分)

・紅茶(アッサムもしくはセイロン) ティーバッグ4つ ※茶葉8~10g程度
・砂糖 大さじ3~4杯(お好みで調整)
・シナモン(スティック) 1本
・カルダモン(ホール) 4粒
・クローブ(ホール) 4粒
・水 400ml
・牛乳 400ml

作り方

1. ホールスパイスは直前に木ベラなどで軽く潰す。こうすることでよりスパイスの香りが出る。

2. スパイス、水、茶葉を鍋に入れ火にかける。沸騰したら弱火にして5分ほど煮出す。

★ポイント
強火で煮てしまうと茶葉の苦み・渋みが出るので必ず弱火で煮出す。

3. 茶葉を煮出せたら牛乳、砂糖を入れ、全体が温まり砂糖が溶けたら茶葉を濾しながら容器にそそぎ入れる。

★ポイント
牛乳を加えたあと長時間煮ると味が落ちるので、加える前に煮出しておく。    

生姜(薄切り) 1切を加えればジンジャーチャイに、さらにはちみつを加えればハニージンジャーチャイに、などアレンジも可能です。お好みで試してみてください。

個人的には生姜、シナモン(パウダー) 適量、ブラックペッパー(ミルで挽いたもの)を追加し、スパイス感を強めにしたチャイが好みです。

スパイスが手に入りにくい場合にはオンラインショップを活用するのも手ですが、スーパーなどで手に入りやすい

・S&B シナモンパウダー
・S&B オールスパイス

の2つをミルクティーに加えることでスパイス感が追加され、簡単にマサラチャイ風ドリンクが作れるので試してみてください。

テイクアウトカレーや自家製インドカレーと共に飲んだり、ティータイムに飲んでホッと一息つくのも良いですね。おうち時間にぜひ簡単本格チャイを味わってみてはいかがでしょうか。

写真・文/かざまりさ

かざまりさ
ナビゲーター
かざまりさ
イラストレーター。92年生まれ、都内在住。雑誌やウェブのイラストを中心に活動中。カレーと音楽を愛し、過去におすすめのカレー店をまとめたカレーZINEを制作したことがある。
このナビゲーターの記事を見る