【開運指南】ミラクルイヤーは11月7日で終焉。今すぐ、するべきことは?

来週からいよいよ、2018年下半期がスタートします。GINGER8月号では、大人気のフォーチュンアドバイザー イヴルルド遙華さんの2018年下半期の占いを掲載中。GINGERwebでは、一番気になる“運勢全体の流れ”をご紹介します。

ミラクルイヤーは11月7日まで。大至急、ライフスタイルを見直して!

Licensed by Getty Images

今現在はまだ、誰もが幸せを引き寄せることが可能ともいえる「ミラクルイヤー」の只中。11月7日までは夢を見ててもいい時です。
この夏は「視野を広げる」つもりで、先入観を取り去って行動をおこしましょう。たとえば、いつもと違う場所を訪れたり、恋愛対象を12歳差まで広げるとか。開放的になれれば、偶然の出会いも増えるはずです。それがミラクルイヤーの醍醐味なのです! 

Licensed by Getty Images

さらに今、5月に天王星が移動しています。これにより「自分と向き合う」から「衣食住の見直し」というサインに。この7年間はライフスタイルを見つめつつ、”自分力〞をつけていくことになります。それは自分探しではなく、自分で生きられる力をつけること。この下半期は星の逆行が多く、邪魔されることもあるでしょう。さらに今後はAIなどが発展。人間しか持てないものを強みにしなければならないのです。

特に「自分を持っている人」が幸運に恵まれる、11月8日からの新運気。動き出した人にチャンスが集中。抜きん出るための努力を惜しまず、自分の立ち位置、キャラクターを明確にしていきましょう。

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る