あと20日で、今年1年を最高の年に変えちゃう簡単な魔法

表参道の交差点から、原宿駅へと続く約1kmの並木道、
今年も表参道のイルミネーションが点灯しました!  
今年は一段とまぶしいな、歳のせいかしら…。 なんて思っていたら、ここまで大掛かりなイルミネーションは、表参道では久しぶりなのだとか。  

例年以上にキラキラした表参道の街を歩きながら、ふと振り返る2017年。
特別印象的なことは思い出せないのだけど、なんだか総じていい1年だったような…。

 ん? だめだ、そんなんじゃだめだ!
いい1年だったなんて、そんなつまらない回答、忘年会で言っちゃダメ!

ということで、描写は具体的にがモットーの東京アイツ、 今年1年を素敵に振り返る方法について、今日は考えてみました。 

飲んで歌ってひっくり返って。東京の忘年会は切ない

From Getty Image

最終電車で、酔いつぶれるサラリーマンや学生たち。
駅員さんにゆすり起こされてもまだ起きない・・・。
こんな風景が増えると、ああ年末だなと感じます。

東京生まれ東京育ち、人生のほぼすべての12月を東京で過ごした私にとっては当たり前のこの風景ですが、海外の人から見ると不思議で仕方がないのだとか。
いつもは穏やかな日本人がここまで取り乱すなんて、普段どれだけのストレス下にあるか心配になるそうです。

年末だし、ハメをはずして飲みすぎちゃう気持ち、私はわかるなあと思いながら、たしかに、忘年会だからって一生懸命ハメをはずして日頃の鬱憤(うっぷん)を晴らそうとしている感じあるなあと・・・。

果たして何がイケてる忘年会の定義だろうと、私なりに意味を問うたとき、答えは”東京”にありました。

東京がまだ”江戸”だった頃・・・江戸っ子の粋な教え

From Getty Image

みなさん、「七味 五悦 三会」(しちみ・ごえつ・さんえ)ってご存知ですか。

東京がまだ江戸と呼ばれていた頃、年末は「七味 五悦 三会」について話しながら年を越すのが粋だとされていたそうです。

字の通り、7つの美味しかったもの、5つの悦び、そして3つの忘れられない出会い。

江戸っ子曰く、これを思い返せればその1年はよい年だったと呼べるそうです。

現代の"東京"を生きる私たちは、年を忘れると書いて忘年会、という表現をよく使います。
ハメを外しても無礼講、今年に恥ずかしいことは置いていっちゃおう!そんなテンションかなと。

一方、江戸っ子たちは「七味 五悦 三会」を通じて、1年という時間とポジティブに向き合い、その思い出とともに新しい1年を迎えていたんですね。

大切な人たちが寄り合い、1年を振り返りながら「いい一年だったね〜」と称え合う・・・。
なんてかっこいいんだ、江戸っ子!!

私のライター名"東京アイツ"は、字の通り東京が大好きでたまらないから付けた名前です。
だからこそ、これは江戸っ子に負けられないなと。
2017年の東京の寒空の下、電車の中でひっくり返ってる場合じゃないなと!

ということで、やってみた。七味五悦三会

From Getty Image

でね、忘年会でかっこよくこの話をしたくって、今年の11月末からずっと考えてたんです。最初はなかなか出てこなくとも、考えるうちに三会と五悦は案外でてくるんです。

意外と難しかったのが、七味!

お店の名前とか雰囲気はたくさん記憶しているのだけど、いざ”味”となると難しくて。
なので、東京アイツお得意の具体的なシチュエーションで攻めることにしました。

例えば、
 ー タイの島で、ピカピカの朝日を浴びながら食べた朝ごはんのフォー
 ー 目黒の隠れ家フレンチで、イケメンとほろ酔いで食べたメインの魚料理
 ー 予定がない平日の夜、ひとりで美味しい和牛買ってきて作ったすき焼き
とかとかね。
これが果たして、7つの指に入るほど美味しかったかはもう正直覚えてないのだけど、なんか醸し出す美味しそう感でぎりぎりセーフかなと(笑)。

あなたは誰と、この話をしたいですか?

From Getty Image

自分の「七味 五悦 三会」と向き合っているうちに、これを誰と分かち合うかも重要だと思い始めました!

googleカレンダーを開いて、大親友、家族、恋人、今一番楽しみな誰かに会う予定を探してみてください。今年の忘年会は、そんな大切な人と一緒に「七味 五悦 三会」の話をしてみると、もっといい時間が過ごせるかもしれません。

「今年1年、どうだった?」

こんな風に聞かれると、忙しかった、あっという間だった、最高だった、いまいちだった
・・・なんだかひと言で片付いちゃいそうですが、「七味 五悦 三会」という具体的な15の事象を求められると、頭ひねりながら考えたくなっちゃいますよね。

2017年も残りあと20日ちょっと。
2017年の思い出を抱きしめて、晴れやかに2018年を迎えられるように、
今日から考え始めてみませんか、「七味 五悦 三会」。

飲んで踊って年を忘れる!じゃない、しっとりスタイルの年末も、悪くないですね、たまには。

私はだれと話そうかな、東京アイツでした!

文/東京アイツ


東京アイツ
ナビゲーター
東京アイツ
東京生まれ東京育ち。 大手広告代理店を退社後、ベンチャー企業にて修行中。 27歳、山よりも高層ビルに癒されるタイプ。 魚座、女より男友達が多いタイプ。 好きな言葉は、タクシー初乗り410円。
このナビゲーターの記事を見る