毎日のコーディネートにもう悩まないすっきりクローゼット収納【後編】

スッキリとした部屋が理想だけれど、収納スペースが限られていて理想とはほど遠い。クローゼットの広さは十分ではなく、物であふれかえっている人も多いのではないでしょうか。そこで、収納インテリアアドバイザーの大橋わかさんに使いやすく、見栄えのいいクローゼット収納の極意を教わりました。後編では、衣類以外の収納にスポットをあてます。

今、使うものは中央の特等席に配置して使いやすく

衣類だけでなく、日用品なども混在しごちゃごちゃのクローゼット。クローゼット内におさまらないバッグやストールはフックにつけてかけている状態でした。
まずは、使っていないものを分けて似たようなデザインや、傷やシミがついているものを捨てて、物量を減らすことからスタート。
そこから、アイテムごとに分けて今の季節に着用するものを中央に配置しました。このとき、ハンガーをそろえることが大切。見栄えがよくなるだけでなく、肩の位置がそろうことで薄いシャツなど見失うことがなくなります。
前編ではこの衣類の収納について詳しく説明をしました。
今回は、上段の棚とバッグ収納について解説します。

普段使わないものは箱に入れるだけでスッキリ

ティッシュや掃除道具、冬用の布団、靴、バッグ……。とりあえずここに置いておけばいいかと、どんどん詰め込まれていくクローゼット上。見えない奥に何が入っているのか、取り出すまで家主もわからなかったほど。
「衣類と同じで、まずは種類別に分け “いる、いらない”の判断をし、物量を減らすことが大切です。家電などの空箱を入れている人もいますが、必要な部品や保証書だけを残し、箱は思い切って捨てるとかなりスペースが空きますよ」(大橋さん)

アイテムの形状がバラバラなので、そのまま置くとまたごちゃごちゃになってしまいます。まとめて箱に入れるのがおすすめ。
「何が入っているかわからなくなるので、マスキングテープにアイテム名を書いてはっておきましょう。『あれ、どこにあったかな?』と迷子になるものが減ります」(大橋さん)
箱に入れる利点はまだあるそう。
「枕棚は高いところにありますから、取り出すのが大変ですよね。バラバラに置いておくと、ほしいものを探すのに時間もかかるし、奥のものを取るには手前をどかして……とアクションが多くなります。箱にまとまっていれば、その箱を取り出すだけでOK。“アクションを減らす”ことも収納には大切なんです」(大橋さん)
収納用の箱はなるべくシンプルなものを選び、色を統一させることもポイントなんだとか。

●使用アイテム/ペーパー製 収納ボックス ¥740/ニトリ
        インボックス ¥555/ニトリ

たくさんあったバッグは分散させて圧迫感を減らす

とにかく数が多く、クローゼットだけでなく部屋を占領していたのがバッグ。きれいに吊るしているように見えて、かなりの圧迫感。部屋を狭く見せていました。
「日常使いをするものを外に出し、それ以外はクローゼット内に移動しましょう。もちろん、長年使っていないものや壊れて使えないものは捨てるようにすること。高価なものはなかなか捨てることができないと思いますが、自分のなかで基準をつくって仕分けをしてみてください」(大橋さん)
デイリーに使うものだけを残したことでスッキリ!

1.ドアなどに吊るせるジョイントハンガーにも日常使いのバッグを収納。普段、ドアを開けたままということなので、バッグを掛けた方が裏側になり、見えなくなるのでお客さんがきても大丈夫。
2.クローゼット内につけた吊り棚にクラッチバッグやミニバッグをイン。ひと目でどこに何があるのかわかるようになる。
3.特別な日に使う高価なバッグは箱にまとめて収納し、クローゼット上に。

●使用アイテム/ジョイントバッグハンガー 6個組 ¥1,380/ニトリ
        吊り収納6段(ブラウニー) ¥925/ニトリ
        ペーパー製 収納ボックス ¥740/ニトリ

全て完璧にはできないから、一時置きのかごを用意

「使ったものは元の場所へ戻す」。この習慣が身につけばきれいな状態をキープできるのは頭ではわかっているんですよね。でも、できないから散らかってしまう……。
「脱いだ服をそのまま床置きにするよりは、かごにまとめて入れたほうがまだきれいですよね。そこにどんどんたまっていくのはダメですよ! たまる前に洗濯するかクローゼットにしまうようにすれば、あちこちに散らかることはないので、突然の来客にも慌てることはないはずです」(大橋さん)

●使用アイテム/バスケット ¥1,380/ニトリ

「収納スペースは限られているので、いかにものを増やさないかが大切です。“買うなら捨てる”ができればいいのですが、ものが捨てられないという人は、まず、なぜ捨てられないのかを考えてみましょう。お片づけは、自分の思考グセを知ることが大切です。クローゼットが満員にならないよう、常に2割の空きを心がけましょう」(大橋さん)

教えてくれた人
収納インテリアアドバイザー
大橋わかさん

おうちデトックス代表。整理収納アドバイザー1級、インテリアコーディネーターの。「収納のチカラで叶えるインタリア」をコンセプトにセミナーや個人宅の整理収納サービスを行っている。訪問件数は450件を超える。著書に『おうちデトックス』(大和出版)がある。
https://www.facebook.com/ouchidetox/

撮影/国井美奈子

※使用した収納アイテムはニトリネットで購入できます。
※価格はすべて税別価格です。店舗によっては、一部取扱いがない商品があります。


GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る