夏対応のカラダに仕上げる!美味しい低糖質レシピ4選~鶏肉編~

ここ数年、話題のキーワードなのが、糖質制限や低糖質。コンビニでも低糖質と書かれたパンやお菓子をよく見かけるようになりました。今回は、夏の薄着のシーズンにもぴったりな糖質制限中の人にもオススメの低糖質レシピ鶏肉編をご紹介します。鶏肉は、モモ肉ではなく、安価でお財布にも体にも優しい胸肉を使います。

セロリと木耳と鶏胸肉の中華炒め

鶏胸肉は一口サイズに切り、酒・塩胡椒・片栗粉をもみ込んでおきます。
セロリと木耳(きくらげ)は食べやすい大きさに切ります。乾燥木耳でも良いのですが、生の木耳を使うとより一層美味しく仕上がります。

フライパンに胡麻油を熱し、まずは鶏肉を炒めます。
焼き色がついたら野菜を加えて炒め、中華だしで味を整え完成。
中華だしではなく鶏ガラスープにすると、糖質がより低くなります。

親子丼

まずは低糖質ご飯を作ります。お米ではなく、豆腐とおからで代用。
レンジでチンして水分を飛ばした豆腐を崩しながらフライパンで炒め、水分が飛んできたらおからを加えてパラパラになるまで炒めます。

鶏胸肉を一口サイズに切り、さっと茹でておきます。

小鍋に水・醤油・ラカント・鶏がらスープの素、玉ねぎ、鶏肉を入れ火にかけます。溶き卵を回し入れ、豆腐おからご飯の上にかけて完成。
めんつゆを使うと楽なのですが、めんつゆは意外と糖質が高いので注意。

おからハンバーグ

鶏胸肉をフードプロセッサーでミンチにします。ミンチにした鶏胸肉に塩胡椒、ナツメグを混ぜ、よく捏(こ)ねます。生おからと卵、豆乳も加え、さらに捏ね、通常のハンバーグを作る要領で焼きます。

焼き終わったフライパンに、醤油とお酢、レモン汁、ラカントを入れ、ひと煮立ちしたポン酢ソースをかけて完成。

ディアボラ風チキンステーキ

某ファミリーレストランの味を再現! 玉ねぎは糖質が高めの食材なので、セロリで代用します。

塩胡椒した鶏胸肉を、みじん切りにしたセロリとにんにくと赤唐辛子、塩胡椒、イタリアンハーブミックス、オリーブオイルを混ぜた野菜ダレに少し漬け込みます。

フライパンでこんがりと鶏胸肉を焼き、ニンニク、醤油、酒で味を整えます。別のフライパンで野菜ダレを炒めたら、鶏肉にたっぷりとかけて完成。

文・写真/江頭令子

江頭令子/PR広報
ナビゲーター
江頭令子/PR広報
グループ会社を含めた十数社のIT広報を1人で担い約10年。9年目からは通販化粧品の企画・販売を行う新規事業を立ち上げ、スキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。仕事においても家事においても手作りが好きで、ハンドメイド広報とも言われる。モットーは、無理をしすぎず楽しむこと。
このナビゲーターの記事を見る