新・いい女を目指して、変わりたい願望に火がついた!〈2012年表紙図鑑〉

2019年3月23日発売5月号で、女性誌『GINGER』は創刊10周年を迎えました。働くアラサー女性をターゲットにした女性誌として、ここまで成長してこれましたのも、GINGERをサポートしてくださる皆さんのおかげ。心より感謝を申し上げます。

 記念すべき10周年ということで、この10年間の表紙をプレイバック!  表紙はその時代を映し出す鏡のようなもの。2012年の表紙には、9人のミューズたちが登場。アラサー世代の「こうなりたい!」を刺激しまくった、いい女たちの競演を振り返ってみましょう。

カッコよさと可愛さを併せ持つ女たちの支持率が上昇

大人としてのカッコよさは大前提、そこに“女らしさを足す”ための可愛らしさも必要だ――。アラサーになり、もう“可愛い”だけでは許されなくなったGINGER世代。でも、求められる大人としての振る舞いは、凛としたカッコよさだけではなかった! だからこそ、表紙を飾った9人の“大人の可愛さ”を纏(まと)った女性たちに、熱狂的な支持が集まったのかも。

“いつかはこうなりたい”の理想像を見せてくれた井川遙梨花平子理沙。同世代としての圧倒的な魅力を放つ香里奈山田優西山茉希、そしてヨンア。唯一無二の存在感で、新しい立ち位置を築いていた夏目三久菜々緒。それぞれがオリジナリティあふれる美とマインドを持ち、日本中の女性たちを魅了しました。

[表紙担当が振り返る 2012年想い出の表紙]
語りたいことがあると「GINGERで」と言って、登場してくれていた梨花さん。当時、カバーウーマンとして数々の女性誌の表紙を飾っていた彼女ですが、GINGERではビジュアルだけでなく、濃いインタビュー記事も話題の的でした。

⇩ 2012年1月号~12月号の表紙はこちらでチェック!

この年の特集は、「GINGERの大人可愛い宣言」「春の大人可愛い具体例」などのアラサーとしての“可愛い”を身につけるためのハウツー、そして「新・いい女スタイル全解説」「新・いい女スタイルお手本研究」など“いい女”への脱皮願望を促す企画が目白押し。

また先行き不安な時代だからこそ、「アガる結婚・サガる結婚」「スタイルのある『大人ウエディング』」などの企画増からもわかるように、結婚によって自分の基盤を整えたいという気持ちの高まりも。

そのほか、「運命を変える~」「変わります!」など、今よりももっとアガりたいと願うアラサー世代の気持ちに応える企画が並んでいました。

《2012年ってどんな年だった?》
新語・流行語大賞で振り返ってみましょう!

●年間大賞 ワイルドだろぉ

●トップテン
iPS細胞
維新
LCC
終活
第3極
近いうちに・・・
手ぶらで帰らせるわけにはいかない
東京ソラマチ
爆弾低気圧

※「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞より

GINGER10年間の表紙はここからチェック!

GINGER編集部
ナビゲーター
GINGER編集部
働くアラサー女子に必要なハウツーとテクニック満載のリアルマガジン『GINGER』(毎月23日発売)からのインフォメーション。
このナビゲーターの記事を見る