「この子気になる!」 キャリア女子が理想の男性に巡り会うための3つのポイント

優秀で社内評価も高く、世間的には申し分のないキャリア女子。なのに、恋愛では苦戦続き…なんて人も多い様子。今回はそんな働き者な女子たちからよく耳にする「出逢いがない」問題を紐解いていきたいと思います。
これさえ知っておけば、恋愛体質に早変わり!なポイント解説です。

穴埋め思考、理想が条件になっていない?

Licensed by Getty Images

キャリア女子にみられる傾向のひとつに「穴埋め思考」があります。
穴埋め思考とは、能力や物質を得ることで自分に足りないと感じているものを埋めるという考え方のこと。例えば「昇進したら世間的な評価がより高まるから頑張ろう!」といった、他者から評価されることで自分を高めようとする思考回路がこれにあたります。

この考え方をベースに出逢いを求めると、相手の人間性ではなく、自分の穴を埋めるための条件を重視して相手を選んでしまうことに。 これこそが出逢いを遠ざけるNGポイント。

自分が必要とする条件を満たしてくれる完璧な男性は現実問題存在しません。そんなことよりも、周りにいる男性にまずは意識を向けていきましょう。あなたのことをよく知り、気遣ってくれる心優しい男性は直ぐ側にこそいるもの。

本当は穏やかで、力の抜けた時間を過ごしたいと心のどこかで思っていませんか? 「心が求める理想」と「私欲が求める条件」の違いに気づくことが幸せになるポイントです。

優先度問題!恋より仕事が好き!

Licensed by Getty Images

仕事と恋愛、どちらの時間を重視していますか? と聞かれて、「今は仕事!」と答えてしまいそうな人は要注意。責任のあるポジションにつき始めるアラサー世代にとって、「仕事が何よりも大事」と感じてしまうのは当たり前のことかもしれません。大切なのは同じレベルで比べないこと。

男性があなたといる姿を脳内シミュレーションした時に、仕事より自分の優先順位が低いと感じれば、もちろんその先につながる可能性は低めに。仕事と恋愛にしっかり境界線を引けていないと、どんなに出逢いを求めていると口にしても、男性は遠ざかってしまいます。別のこととして、それぞれの時間に集中することを心がけてください。

仕事に明け暮れている女性は傍(はた)からみると「出逢いを求めていない女性」として映りやすいことをお忘れなく。仕事も恋愛も自分にとって最善のカタチで共存させていきましょう。

完璧主義が出逢いを遠ざける

Licensed by Getty Images

「失敗は許されない」。そんな環境で仕事に励むキャリア女子のなかには、恋愛も失敗が許されないものと誤認しているケースも。そのため、成功確率の高い男性でなければ会おうとしない傾向があります。

恋愛は、予測不可能な人間関係を築き上げていく作業で、出会いはそれを一緒に築いていく相手を探す一歩目。つまり、出会いのタイミングはリサーチ期にあたり、結果を出す段階ではありません。情報収集をしているだけですから、失敗なんて存在しない=恥ずかしい思いをする時期ではそもそもないということなのです。
だから、もっと気軽な気持ちで出逢いの場へ参加しましょう。「どんな人だろう」程度のシンプルな想いが、男性と出逢うチャンスを生み出します。気軽な気持ちでまずはリサーチを開始していきましょう。

文/小松恭子


小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る