【マネーお悩みQ&A】30歳独身、結婚の予定なし。そろそろマンションを購入すべき?

発売中のGINGER5月号で、マネー事情を公開してくれた読者サポーターの神田美南さん(仮名・30歳)。東京都内で家賃10万円のマンションに住む彼女の、最近のお悩みがこちら。
   
「ずっとひとり暮らしをしていて、まだ結婚の予定もありません。そろそろマンション購入を検討すべき?」

 ひとり暮らしをしている人なら誰しも一度は考えるこの疑問。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子先生に、マンション購入のメリット・デメリットについて教えていただきました。(編集部)

マンション購入のメリットとは?

Licensed by Getty Images

シングル女性がマンションを買うメリットは、資産になり、老後生活の不安を軽減できるということでしょう。住宅ローンは、いわば強制貯蓄。賃貸の場合、家賃をいくら支払い続けても自分の物にはならないので、何年も支払い続けるのは馬鹿らしいという声も聞きます。

また分譲住宅の場合は、賃貸住宅よりもグレードの高い物件に住むことができる場合が多いのも、メリットのひとつです。

リスクもしっかり把握して

Licensed by Getty Images

一方デメリットとしては、頭金などに資金が必要になるために、他に使うお金をセーブする必要がでてきてしまうことが挙げられます。専門学校に行ったり留学をしたりと、有意義に使うことができたはずのお金を、頭金に使うことになるのです。

また、不動産は資産にはなるものの換金はしにくく、結婚などライフスタイルが変わった時に、足かせになるリスクも。そのため、売ったり貸したりしやすい物件を選ぶことが不可欠です。そのまま自分が住み続ければよいですが、日本は人口減少社会なので、売却損や空室リスクもあります。

リスクをしっかりと把握した上で、お金の計画も立てて、無理なくお値打ち物件を取得するのであればよいですが、周りに流されてうっかり買ってしまったということは避けたいですね。


花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
ナビゲーター
花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
外資系投資銀行に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立。テレビや、Web、雑誌など多方面で活躍中。近著に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP刊)。公式ブログはhttp://yokohanawa.com/blog/ YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCrYwNKYMyOOfPTKF5RxO65Q も参考に!
このナビゲーターの記事を見る