ビッグチャンス到来!2020年は“キラキラの自分になる”

2020年が幕を開けました! 東京オリンピックもあるし、なんだかメモリアルな一年になりそうな予感のする年です。占星術でも、干支から見て取る占術でも実際今年はとっても大切な年なんだそう。さて、あなたは今年どんな時間を過ごすか考えていますか?

2020年って一体どんな年?

今年は占星術的には“スーパー大転換期”が年末に訪れると言われていて(世の中の価値観が大きく変容し、物質主義から精神性の時代に!)、より自分らしく生きることが出来る(または要望される)世界に。その大転換期に向けてカウントダウンが始まる今年の過ごし方がこれから始まる新時代を「どう生きて行けるか」に関わってくるのだそう。
また今年の干支は庚子(かのえね)。庚は成長の終わりと新たな変容を表し、子は12支の一番最初にあることから始まりを示します。つまり転身して新しく始めることが実現しやすい、そうするのに適した年なんだそう。
西洋占星術も東洋占術も同じような展開を示唆、つまり宇宙の大きな流れとして古い価値観から離れ新しい感性を持つことを求められている、そんな時に来ているんですね。これってつまり、新しい自分に転身する絶好の機会ってことです!もちろんなるならキラキラな素敵な自分に‼︎

自分磨きの目標を立てる

未来の自分の行く末に大きく影響すると言われている2020年、その時間をどう使う? 昨年を振り返ってもわかる通り、一年はああーっという間に過ぎていきます(でしょ?)。なのでキラキラした素敵な自分になるために必要そうなこと変えていきたいことを書き出し、暫定的にでもいいからそうなるための目標を立てることをオススメします! 出来たら1ヵ月単位で。難しいことじゃなくっていいと思います。変えたいことはそんなおおげさなものばかりじゃないと思います。去年遅刻しがちだったとしたら、1月からは時間厳守を始める!とか、2月からは美容と健康のために週に1回は一駅歩くことを習慣にする、とか。英語で日記を書いてみる、とか。海外のパワースポットに行く!とか。なりたい自分がやりこなしていることを書き出す、出来るだけ欲張りにたくさん(笑)

目標は今の自分を識る指標

そして、月末にそれを見てみる。目標を達成できていたら達成感と自信があなたに間違いなく(誰にでももれなく!)備わるでしょう‼︎ バンザイ‼︎ キラキラな自分に一歩確実に近づきました!
仮に実行できていなかったとしたら・・・出来なかった自覚と改善はした方がいいけど、落ち込んだりする必要はまったくありません。目標は目の前の“標べ(目印)”だから、達成されていなくても良いんです。どんだけなりたい自分に遠いか、どんだけ努力が足りないか、それを識ることが必要。それを教えてくれるのが自分が立てた目標!

キラキラ輝く、磨き上げられた器を手に入れよう!

素敵なひとを形容する時に、器が大きいひとという言葉があります。寛容で、小さなことにはこだわらず、受け止める度量のあるひとと言った意味ですが。穏やかで落ち着いていてそんなひとって確かに素敵ですよね。このように時としてひとの心の大きさや能力を器という言葉で表します。

器が大事だなぁというのは花を飾る時なんかも感じます。飾りたい花に合った、きれいな器があったらより美しく花を飾ることが出来ます。ワインを飲むときなんかも器(グラス)の重要性をひしと感じます。実はワイングラスって赤は赤用、白は白用のグラスで飲まないと本当のワインの美味しさを実感出来ないのです。これは舌にワインが当たる角度とか、グラスの口の径の大きさとかで感じる香りも変わってくるからです(簡単に言っちゃうと)。だからどんなにいいワインでも、それにあったグラス(器)を持っていないと、美味しく飲めないんです(実験してみてください、グラスによっておんなじワインでもびっくりするほど味が変わります)!

つまり、どんなにきれいな花や美味しいワインを手に入れても、それにあった器がないと本来の良さを活かしたり存分に味わうことが出来ません
それって例えて言うなら、ひとにも置き換えられるコト。可愛い花をよりきれいに飾れる器やいいワインをちゃんと味わえるワイングラスのように、自分自身がキラキラと輝く器でいれば日常で出会えるいろいろな出来事をちゃんと活かしてより楽しめるようになれるというコトなのです。

今年は新しい自分磨きの絶好のチャンス。2020年は始まったばかり、時間は今ならたっぷりあります。自分という器をピカピカ磨いて、キラキラ美しく楽しい時間をより一層楽しんでください!

文/青木貴子

青木貴子/スタイリスト
ナビゲーター
青木貴子/スタイリスト
ファッション誌、広告などで幅広く活躍する人気スタイリスト。著書『センスは「ある」ものではなく「磨く」もの おしゃれ方程式』(PHP研究所)では、役立つおしゃれハウツーを指南。お気に入りレシピと器について綴った料理本『友だちを呼ぶ日のごはん、わたしのごはん』(扶桑社)も人気。ファッションに関するインスタグラム(@takako_aoki_stylist)を開始。ぜひフォローを!
このナビゲーターの記事を見る