思い付きから弾丸旅に出るハウツーとは?【スキマトリップ】

「あぁ、ヒマかも」と思ったらすぐに旅立ってしまう私。いつもスキマ時間で旅した様子をレポートしていますが、今回は旅の準備編! 
弾丸旅を決定するまでの思考回路や準備の様子を、流れそのままにお見せしちゃいます。しかも、今回挑むのは世界でもヤバイお祭り、インドのホーリー!!! 女子ひとり旅の難関国の攻略法をまるっとお届けします。

【出発1ヵ月前】旅のきっかけは、雑談から


インド料理屋で、 「私、インドはもう2度行きたくないんですけど、ホーリーは行きたいんですよね」なんて、働きながら世界一周を達成したリーマントラベラー東松さん(http://www.ryman-traveler.com/) と話していた時のこと。
「今年は3月9日と10日ですよ」と教えてもらい、これは休めるのでは!?と頭の片隅に悪い企みが・・・!

ホーリーとは、ヒンドゥ教のお祭りで、普段の鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように、色粉や色水を街中で人々に掛け合う、まぁ危険な祭り。インドの女子ひとり旅は本当に危ない・・というのが私の体験談。もみくちゃになったのをいいことに体を触られまくるのは間違いなし・・・。(なぜなら、10年前に男性ガイドと当時の彼とインドを訪問した時でさえ、インド人は容赦なくセクハラをしてきたという経験があり・・・)悩ましい・・・、行きたいような行きたくないような・・・。

「でも、休みがないサラリーマンがそのイベントに行けるスケジュールがあるって、旅に出る決め手になる理由ですよ」

これは旅行をする上でとっても大事なこと。背中を押してもらい、ひとりでも行ける方法を探り始めました。

【出発3週間前】現実的に行ける航空券を探す


まず私が検索するのは、航空券。できれば、ホーリーが終わった3/10(火)にインドを出発して、3/11(水)には出社したい。そしてインドに長くいたくない(笑)。でも、せっかくの土日だから旅には出たいなぁ・・・。(あと、コロナの影響で中国・香港・台湾を経由しない便・・・)と考えながら検索していると、3/6(金)深夜発のマレーシア経由スリランカ行きを発見! しかもセールで片道¥29,400!

見つけた時点で、「もう、ホーリーに行けなくても月曜朝までに帰ってくればいい」と判断し、さっそくポチっと購入(笑)。
その後さらに、インドのデリーから日本への直行便も発見! 5万円台! しかも11日の朝着!
これは予算的にも行けるかもしれない・・・。ホーリーに行かない理由がまたひとつ消滅(笑)。

航空券を見つけたら、上司に相談。「あのぉ~、月火休んでもいいでしょうか?」 校長室に向かう気分で毎回相談しています。でも今回は、繁忙期じゃないのでもちろんOK! こうしてまた、ホーリーに行かない理由がひとつ消えていくのでした。

【出発20日前】ホーリーを共にしてくれる仲間を探す


私がホーリーに行かない理由に残されたのは「一緒に行く人がいない」。

これは大きな問題です。そもそもド平日の開催なので、はなから友人なんてアテにしていません。そういう時は、ブログで経験談を徹底サーチ!

掲示板で募集する? え、イマドキ掲示板・・・? 逆に不安だわ(汗)。
そんな中、【日本人宿に泊まる】という選択肢を発見! どうやら宿に集まった日本人みんなで祭りに繰り出すようです。これだったらドタキャンとかもないし、確実!

「ホーリーに皆さんで参加しますか?」と片っ端から日本人宿にメール! もちろんお断りのメールもありました。それは、「弾丸すぎるから」。「お祭りの日に帰国するのは、バタバタするのでごめんなさい」という返事。それは確かに・・・。
でも1軒、OKをいただけました。その宿は危険がないように、皆で行くし、インド人スタッフさんをつけてくださるよう。

・・・はい。これで、ホーリーに行くことが確定(笑)。インド苦手なのになぁ・・・。自分でもビックリ!

こんなふうに、お祭り系のイベントは「日本人宿に泊まって一緒に行く」というのが、心強い選択肢のひとつ! 弾丸旅でもおすすめの方法です。

【出発15日前】ビザを取る

日本人のパスポートは世界最強とも名高いですが、ビザが必要な国は結構あります。インドもそのひとつ(ちなみにスリランカもね!)。そのため、どれくらいの期間で発行できるかをチェックし、私の前準備はおおよそ完了です。両国ともインターネットでゲットできるので、忙しい合間の作業でもOK。

以前、私はトルクメニスタンという世界でもビザを取りにくい国のビザを取るのに一生懸命になり、経由するウズベキスタンのビザを取り忘れ、出発前に大使館で土下座して発給してもらうという珍事を冒しているので、本当にビザの発給期間と有無は確認必須です!

それでは、思い立って難関国に挑む弾丸旅の(私の)ハウツーのチェックリストです。

★イベントがあるタイミングで休めるなら旅行しちゃえ!

★航空券が「休み」と「予算」にあえば、旅行に行けというサイン

★安さにひかれて、世界情勢を確認し忘れないこと(リスク管理!)

★ひとりでも「日本人宿」を頼れば、イベントは参加しやすい!

★必ず、ビザはチェックしよう

まさかの土日+2日のお休みでインドのホーリーに行ってしまうとは自分でも驚きです。しかし、こんなノリでも押さえるべき大事なところを守っていれば思い付きで旅行はできる! あなたも恐れずスキマトリップしてみませんか?

文/もろたけいこ  

【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
某キー局勤務・バラエティ番組担当のディレクター。 社畜生活の傍ら、スキマ時間で旅をするスキマトラベラー。世界一周も経験し、54か国渡航・行っていない大陸は南極だけ。かつて、お昼の番組でスイーツ担当のため旅行以外にもスイーツ情報も得意。
このナビゲーターの記事を見る