アジア旅行なら…香港の食卓を支える市場「街市」に行ってみよう!

旅行に行ったら観光地やオシャレなレストランはマストだけれど、ローカルスポットや地元の人の生活も見てみたい! と思いますよね。そこで今回は、香港人の食卓を支える場としていつも多くの人で賑わっている市場(街市)を紹介します。活気溢れる市場で香港の熱いエネルギーを感じられること間違いなしです! 

街市ってなに?

香港で市場は街市(がいしー)と呼ばれています。食べ物の鮮度をとても大切にする香港人には欠かせない大切な場所。青空の下にあるお店もあれば、建物内にあるお店も。私のお気に入りは空調の効いた屋内にある街市。暑い季節でも安心してお買い物できます。
野菜・魚・肉など新鮮な食材を売る専門店から、乾物・生活用品まであらゆるものが揃っています。  

よいお店や産地を見分けよう!

同業のお店がいくつも並んでいるので、賢いお買い物をするには各店で鮮度や産地をチェックしてから、どこで買うか決めるのがおすすめです。       
食材の多くは中国産や各国からの輸入品ですが、実はこの狭い香港内でも農産物は生産されていています。香港産は「新界産/本地産」と書かれているので要チェックです!

香港でも健康志向は高まっていて、有機野菜を扱うお店も多くの街市にあります。写真の「好農夫」マークや「点点緑」マークのあるお店は有機野菜を扱っていると認定されたお店の証! 全ての野菜が有機ではないですが、お店の人に聞くと教えてもらえるので安心してお買い物できますよ。

街市でお買い物をしてみよう!

旅行中だから、市場でお買い物できるものが無いなぁ…という人にもドラゴンフルーツはオススメ。日本ではあまり見かけないので、食べたことがない人も多いかと思いますが、実は女子の強い味方! 食物繊維や鉄分を多く含むので便秘解消や貧血によいのです。カットするだけで皮が簡単にするっと向けるので、朝ごはんにオススメです。
他にも干椎茸や乾燥湯葉など、日本だとお高いものがお手頃価格で手に入ります。お料理好きな人へのお土産にはぴったりです。
お肉屋さんでは調理済みの美味しそうな豚や鶏が沢山あります。気軽にテイクアウトでごはんを済ませたい人にはもってこいですよ。

街市はどこにあるの?

香港人にとって、マーケットは生活の一部。どの街にもどの駅にも地元の人の生活に根付いた街市があります。
観光中に立ち寄るのにオススメなのは「湾仔街市」や「銅羅湾街市」。
中心地からは少し足を伸ばしますが、東涌には1960年頃の懐かしい香港の街並みを再現したアミューズメントパークのような「香港街市」があります!
香港好きにはたまらないレトロなデザインなうえ、衛生面も安心で街市初心者でも安心して楽しめます。

街市でいろいろな食材を見てみると、レストランでオーダーするときもイメージしやすくなるかもしれません。もちろんお買い物せずに見学だけでも大丈夫なので、地元の人の活気を感じにぜひ市場に足を運んで見て下さいね!

文/はせ りな


【GINGERエージェンシー】はせ りな/ソムリエ
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】はせ りな/ソムリエ
オーガニックカリフォルニア料理店元オーナー。食のトレンドに興味があり、世界各国でミシュラン・オーガニックフード・B級グルメなど幅広く食べ歩きをしている。ニューヨーク在住。JSA認定ソムリエ/WSET認定level3/オーガニック料理ソムリエ/美肌食マイスター
このナビゲーターの記事を見る