初対談!田中みな実×弘中綾香ここだけガールズトーク 第2回戦スタート♪

可愛さと強さを武器に、しなやかに自分らしく生きている。そんな印象がある田中みな実さんと弘中綾香さん。
プライベートでも大の仲よしという、今最も愛され 憧れられているふたりが、GINGERで夢の対談!


前回はふたりの出会いについて語ってくれましたが、今回はふたりの共通点でもある“あざとさ”について。少し前とはイメージが変わりつつある“あざとさ”。その裏に隠された本音を教えてくれました!

——“あざとい女”のなかでも、おふたりはまったくベクトルが異なる、とみな実さんは分析されていますが。

MINAMI 私は、求められたら120%で応えたいタイプ。だから求められればぶりっ子をすることに何の躊躇もありません。むしろキャラクターがはっきりしていればつっこんでもらいやすいし、結果的にそれが番組のスムーズな進行につながることも。でも弘中ちゃんはたぶん、思っていることを素直に出しているだけのタイプ。でもこのふんわりしたルックスとその自己主張の強さのギャップが、ツッコミどころになっている。つまり天然なんですよね。私のように、キャラを作ったりしないでしょ?

AYAKA  はい…。みな実さんの冷静な分析、すごい。占いに来たみたいな気分です。

MINAMI あとは、顔立ちの問題もあると思うの。弘中ちゃんはベビーフェイスで雰囲気もふんわりしてる。けど、私って実は男顔で(笑)、だからかな、意図的に“やわらかい要素”をプラスして、相手に親近感を持ってもらえるよう心がけて、柔らかく柔らかく…と、メイクもしゃべり方も変えていくように努めていたのかも。外見と内面のバランスって、結構大事なのかもしれないね。

AYAKA わかります。でもそれで言うと、私は逆です。私は舐められたくないんだと思います。

MINAMI 舐められたくない(爆笑)。

AYAKA  この見た目のせいで、昔から“押しに弱そう”とか、“御しやすそう”とか思われがちなんですよ。ぶりっ子とも言われましたし。それがイヤなので、基本的にはしっかり自己主張はしていこうと思ってます。

MINAMI  ね、真逆でしょ(笑)。でも私のような“ぶりっ子演出”にしても、弘中ちゃんのような“あえての強め自己主張”にしても、どちらも自分の意思を伝えるためのそれぞれの方法論なんですよね。

  ——そして“あざとい女”から“憧れの対象”として多くの女性から指示されていますが、この現状をどう感じていますか?

MINAMI 昔は女性が認めてもらいたいと思ったときには、例えばアナウンサーならキリッとスーツ髪はショートで…みたいにして、男と同等にならないと土俵にすら上がれない空気があったけれど、今は女性らしい、その人らしい自己主張でも世の中に受け入れられるようになった気がします。

AYAKA あぁ、それすごくわかります。

MINAMIだからこそ私たちみたいなタイプが、「好きな女性アナウンサーランキング」の1位と2位に入れるんじゃないかな(笑)。

AYAKA 確かに(笑)。

MINAMI 今の時代、気を回して忖度するよりも、素直に思っていることを口にすることが一番心地よい気がする。例えばコーヒーを淹れてくれた人に「おいしい」って素直に伝えれば、相手は「この人にまたコーヒー淹れよう」って思うじゃない?

AYAKA 好きな人に対しても、ですよね。みな実さん、私に「弘中ちゃんのこと、すごく好き」ってよく言ってくださるの、本当に心からうれしいし、私もみな実さんのこと、好きって思いますもん。

MINAMI そういうコミュニケーションがお互いの距離を近づけるし、結果的に自分にとっても、相手にとっても、心地よい空間が出来上がる。もしかしたらあざとさって、素直さなのかもしれない。

AYAKA そう思います。

MINAMI笑顔とともに素直になれば、今よりずっと楽に、幸せに生きられるはず!

  ——田中さん、弘中さんを参考に、かしこく生きるために“可愛さ・甘さ”を上手に活用することのできる、“あざとかしこい女子”を目指してみては? きっと、もっと人生が楽しくなるはずです♥

おまけコラム:みな実&綾香の『幸せに生きるためのお言葉』

何でも許したくなってしまうような、憎めなさと愛嬌を持つおふたりに、心地よく生きるためのコツをこっそり教えてもらいました。

自分の弱点は先に開示したほうが距離が縮まりやすい(By AYAKA)

「最初からツッコミどころを提示したほうが、コミュニケーションは絶対に円滑に行くと思う。だから私は、仕事でも恋愛でも先に自分の弱点を口にしちゃいます。例えば“隙がないって言われるんです”とか。そうすると相手も、“自覚があるならいじってもいいんだな”となるので、スムーズに距離が縮まるんです」

甘さと強さのバランスが大切。客観的に自分を見よう(By MINAMI)

「今の自分に何が足りないのかを理解することも大切。その結果、私はしっかりして見られるから甘さを、弘中ちゃんは甘く見られがちだから強さを加えて今がある。甘さと強さのバランスを上手にはかることができれば、自ずと素直になれる気が。自分に何が足りないのかを、まずは見極めてみてください」

撮影/布施鮎美
スタイリング/[田中さん]筒井葉子(PEACE MONKEY)、[弘中さん]城田望(KIND)
ヘア&メイク/[田中さん]山下智子、[弘中さん]イワタユイナ  

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る