人気インスタグラマーがハマる、魅惑の果物レシピとは?

早いもので9月も終盤ですね! 秋の行楽に期待を寄せながらも、どんより雨が続く日々。もうしばらく秋の遠出はお預けの気配さえ感じられます。そんな時期は旬の果物で秋の味覚を楽しむのもおすすめ! 人気インスタグラマー@chinamisakamotoさんを虜にしている果物は「イチジク」。ジューシーな果肉が癖になる、彩り豊かな秋レシピを教えていただきました! (編集部)

ころころと変わるイチジクの表情

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。熟した果物に誘惑される季節がやってきました! この時期迷わず購入してしまうものといえば、不老長寿の果物、イチジク。気がつけば冷蔵庫の野菜室を陣取り、熟れ具合をアピールしてくる姿を見て、「あぁ、きっとあの不思議な果肉には、何かの魔法がかけられてるのだろう」と思わずにはいられないのです。今回はそんな魅惑のイチジクを使った10分で出来る超簡単プレートをご紹介します。figマジックを一緒に堪能しましょう!

栄養補給がかなう魔法の果物

「Fig cake」
こちらは、イチジクを縦に盛り付けておもてなし風にしたオープンサンド。ベイクしたトーストをセルクル(グラスで代用可)でくりぬき、蜂蜜をぬります。お好みで生クリームとエディブルフラワーをトッピング。ほら、こんなに簡単!

イチジクは鉄分、カルシウム、カリウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、更にビタミンCまでバランス良く栄養素を含みます。最近の研究では、イチジクから抽出された「ベストアルデヒド」という抗がん物質がガン細胞の抑制に期待できるとの発表も。
見た目も楽しく、豊富な栄養素を補給できるのは嬉しいですよね。

「Figブルスケッタ」
マスカルポーネとイチジクのブルスケッタ。ほどよい酸味がたまりません!砕いたアーモンドと相性が良いです。

「スライスFigのオープンサンド」
生食パンに生クリームをぬり、スライスしたイチジクを並べます。ラズベリーと細かく砕いたアーモンドをトッピング。一口サイズにカットすれば出来上がりです。

のせて並べるだけで華やかな見栄え

「Figパンケーキ」
イチジク好きのお友だちが来たときには、迷わずこちらを。パンケーキの上にぎっしり敷き詰めたイチジクが友情を深めてくれるかも。

「Fig salad」
どんな切り方をしても愛らしい表情をのぞかせてくれるイチジク。美容効果も高く、美肌やアンチエイジング食材としても人気急上昇中です。

イチジクはメラニン色素を抑えます! 美白効果が期待されているザクロエラグ酸を主に、アントシアニン、エピカテキン、クロロゲン酸、没食子酸、ルテインなどのポリフェノール類を豊富に含みます。また、活性酸素を抑えて細胞の老化を防いでくれる抗酸化作用が高いことも注目されています。

「Fig pie」
行儀良く並べたイチジクにピスタチオをパラパラとトッピング。サクッとしたパイの食感と熟れたイチジクの甘みが絶妙にマッチします。

スイーツにも野菜にも合う万能選手

「Figフレンチトースト」
しっとりと焼き上げたフレンチトーストに、イチジクをこんもり盛り付け。メープルシロップとの組み合わせが幸せを運んできます♪

「パレットサラダ」
野菜プレートにもイチジクは欠かせません! 栄養のバランスが一気に整います。

「チョコレートブラウニーwith Fig」
独特の断面を生かしたイチジクのブラウニー。コーヒーとよく合います。

食物繊維をはじめ、さまざまな栄養が一度に摂取できる簡単イチジクプレート、いかがでしたか?女性には特に嬉しい栄養素も豊富です。ぜひこの機会にたくさん食べて体調を整えてくださいね!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る