NO3密で実現!ニューノーマルなウエディングスタイルとは?

新型コロナウイルスの影響で、挙式・披露宴を断念したカップルは17万組にのぼるという報道がありました。安心して挙式できる日を、心待ちにしている人はたくさんいるでしょう。とはいえ、“かつての日常”は当面の間、戻ってこないとも言われています。これからの結婚式は、“ニューノーマル”な視点で考えていく必要がありそうです。

そこで今、注目を集めているのが、日本国内にいながらにしてまるで海外のようなリゾート婚を実現できる、沖縄ウエディング。海外渡航が難しいなか、パスポート要らずで実現できるだけでなく、withコロナ時代の結婚式に欠かせない“3密”対策にも最適! その理由をご紹介します。

NO“密閉”!オープンエアなロケーション

どこまでも広がる、空と海。沖縄には、豊かな自然を活かしたロケーションが魅力の結婚式場がたくさんあります。これはドラマティックな演出としてだけではなく、withコロナの視点では、オープンエアという点でも高ポイント。

“密閉”とは無縁の開放的なロケーションで、主役の2人も参列者も、安心して式を楽しむことができます。

キラキラと光る水面、心地よい潮風、裸足で歩いた砂の感触・・・五感で感動できるのは沖縄だからこそ。ずっと胸に残る特別な記憶になること間違いありません。

NO“密集”!少人数でゆったりとした時間を

「遠方だから」という理由で、人間関係にとらわれずゲストの数を絞りやすいというのも、実はリゾート婚の隠れた人気の秘密。「あの人も、この人も」とゲストの数が増えていき“密集”状態になってしまう心配はありません。

親しい人たちと、ゆったりと過ごす。少人数での結婚式は、withコロナ時代のスタンダードとなりそうです。

NO“密接”!フォトブライダルという選択

できる限り不安を取り除いて、安心安全な結婚式にしたいなら、挙式や披露宴をしない“フォトウエディング”を選ぶのもひとつの手。もちろん沖縄なら、真っ白な砂浜、幻想的な夕焼け、満点の星空を望むビーチなど、フォトジェニックなスポットが充実していて、一生モノの素敵な写真を残せます。

許可証を持つカメラマンなら、ふだん入れないビーチやお城など、穴場スポットで撮影してもらえることも。現地を知り尽くしたプロのナビゲートのもと、まるで映画のワンシーンのような絶景を楽しみながら、ふたりだけの“密接”を楽しんで。

ニューノーマルな結婚式には、沖縄ウエディングがぴったり。これから結婚式のプランを考える皆さんは、ぜひ参考にしてくださいね。その際は、沖縄ウエディングのすべてがわかるブライダルブック 『沖縄ウエディング 2020-2021』も必読です!

『沖縄ウエディング 2020-2021』

¥727(税別)
発行 : ビンゴ
発売 : 幻冬舎    

GINGERweb TOPICS班
ナビゲーター
GINGERweb TOPICS班
知っているとお得なモノゴト、働く女子が知っておくべきハウツー、賢く暮らすためのアイデアなど、多忙なアラサー女子の生活に役立つトピックスを楽しく、わかりやすく解説。
このナビゲーターの記事を見る