覚えておくと会話が弾む!天気にまつわる簡単英語フレーズ

ミライズはフィリピンのセブ島と日本にそれぞれ校舎があり、日本校舎の講師もセブ出身の先生がほとんどです。セブは一年中平均気温28度という常夏の島なので、この時季は先生たちの間で暑くなったり、寒くなったりと気まぐれな日本の天気の話でもちきりです。そこで、今日は天気にまつわる英語についてお伝えします。

今日の天気は?

「今日の天気は?」と聞きたい時は、

How is the weather today?

もしくは

What is the weather like?

と聞きます。

天気の表現

・晴れ

It’s sunny today.

・曇り

It’s cloudy today.

・雨

It’s rainy today.

・風が強い

It is windy today.

・蒸し暑い

It’s hot and humid today.

・寒くて乾燥している

It's cold and dry. 

よく天気予報で耳にする、晴れのち曇りは「It will be partly cloudy today」という表現になります。

雲の種類

雲の種類を英語で聞いたことはありますか? 現在ではさまざまな定義がありますが、1803年にLuke Howardが雲について書いたエッセーによると以下の3種類が挙げられています。

cirrus(サーラス)巻雲

cumulus(キュムラス)積雲

stratus(ストラタス)層雲

英語版天気予報で聞き取れるか、ぜひチャレンジしてみてください。

四季を感じる

ミライズの先生方が日本に来て1番驚き、そして素晴らしいと言ってくれるのが日本の季節の移り変わりとそれに伴う天気の変化です。日本で自分の目で桜の開花を見て、春を体験した時に、生徒さんと季節について話すことで初めて実感を持てるそうです。やはり言葉って実体験と結びついてこそ意味を持つものですね。

Spring has come!

春が来た

ここは、まさに今来ているよという意味を込めて現在完了のhas+過去分詞の表現を使います。

虹の七色

自宅で過ごす時間が長くなっている今日この頃ですが、オンラインでレッスンを受けるだけではなく、窓から眺める外の天気を見ながらの英語学習も楽しいものです。

そこで、最後に虹の七色の英語での覚え方をご紹介します。

ROYGBIV(ロイジビヴ)】

人の名前のようですが、Red, Orange, Yellow, Green, Blue, Indigo, Violetの7色のアルファベットの頭文字を並べたものです。アメリカの子供たちならみんな知っている覚え方です!ぜひ虹が見えた時にはこの言葉思い出してください。

虹を見ると願いが叶う、なんて言いますよね。皆さんのご自宅からも虹が見える日が訪れますように。

MeRISE英会話
ナビゲーター
MeRISE英会話
セブ島留学と英会話スクールのMeRISE(ミライズ)。セブ留学は一つ何かにチャレンジしてみたい女子に人気!講師陣は全員が英語を「教えるための」資格を持っています。
このナビゲーターの記事を見る