ウエディング写真は前撮り撮影を。トレンドはロケーション撮影!

ウエディングに欠かせないのが写真撮影。結婚式をしたくない人はいても、思い出を残したくない人はいない! 最高に幸せなときだからこそ、その瞬間を切り取って手元に残したいと思うのは、みんな同じ気持ちではないでしょうか。 結婚式をするのが当たり前だった時代から、自分らしさを選択する時代に変化しつつある現代。「地味婚」や「家族婚」だけでなく入籍のみの「ナシ婚」。スタイルが多様化する一方で、「写真だけは一生ものなので残したい」という人は増加の傾向に。今回は、撮影のプロから見るウエディング写真のトレンドをご紹介します。

式の準備の忙しさでお肌の調子が悪い事も。理想を叶える「前撮り」のススメ

結婚式当日は、分刻みのスケジュールでとにかく時間がないもの。ゲストに気を使うことも多く、気持ちの余裕もありません。そんな中では笑顔の写真なんて、なかなか難しいもの。また、準備で多忙すぎ、花嫁のお肌のコンディションが良くなかった、新郎様がお酒で顔が赤くなってしまって残念だった、というケースも。
その点、前撮りならば体調も整えやすく、ふたりの時間配分でゆっくりと撮影ができます。途中で写真をチェックしながらカメラマンとコミュニケーションを密に取れるので、希望通りの仕上がりに。式当日は、どうしてもカメラマン任せになってしまうので、ふたりの満足のいく写真を残せる「前撮り」をおすすめします。

トレンドは「ロケーション撮影」

最近特に注目されているのが、「ロケーション撮影」。まるで映画のワンシーンのような美しい場所で撮影するのがトレンド。また、ふたりが出逢った場所や、デートやプロポーズなど思い出の場所、ふたりが大好きな場所など、思い入れのあるロケーションでの撮影も希望できます。希望で京都まで撮影に行ったなんてこともありましたよ。

前撮りした写真は、式当日に様々な形で使用可能!

また、前撮りしたデータがあれば、ウェルカムボードとして飾ったり、プロフィールのムービーやスライドショーに使えることも大きなメリット! さらにもう一つおすすめしたい理由が、表情やポーズの取り方などの確認ができること。着慣れないドレスや着物でも、事前に着ておくことが当日への予行演習にもなります。式当日の撮影でも、さらに良い写真が残せると思いますよ! 

文/クレールブライダルスタジオ photographer 加藤晶

加藤晶/クレールブライダルスタジオ フォトグラファー
ナビゲーター
加藤晶/クレールブライダルスタジオ フォトグラファー
集英社スタジオにてスタジオマンとして従事し、ライティング技術などを学ぶ。その後、フリーのカメラマンとしてファッション撮影を主に撮影。商業写真ではなく誰かのために、誰かの幸せのための写真を撮影したくブライダルフォトグラファーに転進。 主にロケーション撮影を担当。様々なお客様のニーズに応えられる様に、日々邁進中。
このナビゲーターの記事を見る