自分らしさ満載の29㎡おしゃれルーム。色に溢れたセンスのいい部屋作り

インスタグラムで切り取られた写真は、どの家も、あり得ないくらい素敵だけど、そんな暮らし、現実に成立するの!? 
ということで、それを実践しているアラサー女子のリアルライフに密着。30㎡前後のワンルームや1DKでも、理想のおしゃれ部屋を叶える秘密、全部お見せします。


今回ご紹介するのは東京・原宿の29㎡の1Kに住むPR会社「TANK」PR/SNSディレクター石山明日香さんのお部屋。ファッション業界を中心に活躍する石山さんならではの、アートが散りばめられたお部屋は参考にしたいセンスフルなアイデアがいっぱいです!

カラフルなアートピースとグリーンがいっぱい

「祖母の家に暮らしていたときはベッドが狭かったので、絶対ダブルベッドにしたかったんです!」と、ベッドありきで部屋を組み立てた石山さん。明るく居心地のよい空間を目指し、壁紙も自分で貼り替えたそう。

TVも収納家具などもなく、あるのは軽やかなローテーブルのみで、床に並ぶグリーンやアートが伸び伸びと過ごしています。ビジネス道具もノートPCがあれば十分だそう。

「家ではご飯を作って、主にプロジェクターでネットフリックスを見たり、キンドルで本を読んだり」。必要にして十分なものが軽やかに揃っている暮らし。

アートはまだまだ増えそう!

大学時代、留学しロンドンでデザインを学んだ石山さん。アートが大好きで、プレゼントや知人の個展で購入したもの、旅先で手に入れたものなどが並びます。「本当は壁に掛けたいけど、プロジェクターのスクリーン面でもあるし、今のところは床置きです」。

コレクションの小瓶に小花を散らした玄関

玄関コーナーはちょっとフェミニンながら、有機的なフォルムのミラーが楽しさを演出。小瓶集めが趣味で、そこに少しずつ花を分けて飾ると、鏡越しに花が広がり、小さな野原のよう。

洗面台のコスメもインテリアの一部

洗面台も扉のないオープンなゾーンにあるこの家。基本的には見た目のいいものだけ並べている。すぐ横にチェストがあり、実用品はここに。「Amazonで見つけた回転式の収納タワーが便利!」。

グリーンとポップなアートが絶妙に同居

窓辺にはハンギングプランターとともにカラフルなモビールが飾られていたり、テーブルの上の一輪挿しのなかには、陶芸教室で作ったというセクシーなピンクのお尻が交ざっていたり。そのバランスが新鮮。

<石山さんのインテリアルール>

□ お香やキャンドルはお気に入りを欠かさない

□ アートとグリーンは我慢せず買う!

□ 生活用品は最小限しか持たない!

そんな石山さんのおしゃれ暮らしのお助けSPOTはこちら!

画像提供:森美術館

『森美術館ミュージアムショップ』

展覧会関連商品やステーショナリーなど、森美術館オリジナルグッズが揃う。

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F 森美術館内
art-view.roppongihills.com/jp/shop/

『MoMA Design Store 表参道』

筆記用具から家具など大きなものまで、リアルに使えるデザイン製品が揃うのがここ。MoMA(ニューヨーク近代美術館)のエッセンスを日常で感じることができる。

東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE3F
https://www.momastore.jp/

カラフルなのにまとまりのある軽やかなお部屋。「好き」が詰まったアートピースやインテリアが日々の活力を与えてくれそうです。シンプルな空間に色をプラスするだけで部屋の印象は大きく変わります。お気に入りのアートや植物を飾って、自分らしい部屋づくりを楽しんで。

撮影/寺島由里佳
編集協力/吉野ユリ子

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る