【人気インスタグラマー発】ゴルゴビーツがアクセント! 「#萌え断」なベジ寿司レシピ

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。今回は根菜野菜のなかでも、もっとも断面が美しいゴルゴビーツを使ったベジタブル寿司ロールをご紹介します。渦巻き模様がとっても愛らしく、ほんのりとした甘さが特徴です。テーブルビーツやバルバビエートラとも呼ばれ、国よって親しみ方はさまざま。独特の甘みから、日本では砂糖大根と呼ばれることもあるとか。それではさっそく、簡単寿司ロールの手順から見ていきましょう。

野菜の魅力を引き立たせる断面美

1.ゴルゴビーツを薄くスライスしていきます。

2.①を千切りにしたあと、塩適量をふりかけてやさしく揉みます。10分ほど置いてしんなりさせましょう。

3、海苔→酢めし→千切りきゅうり→白ごま→②の順で巻いていきます。このとき、鬼すだれを使うと巻き上りがギザギザになるので、具材のピンク色が映えてきます。
酢めし材料(米2合、酢 大さじ4、砂糖 大さじ3、塩 小さじ1/2)

4.しっかり巻きます。あまり押しすぎると両端からごはんが出てくるので注意してくださいね。

5.食べやすい大きさにカットして、グリーン野菜と一緒に盛り付けます。醤油やドレッシングなどをつけていただきます。

ベジタブル寿司ロール、いかがでしたか。断面の彩りが紅白なので、お正月料理にもひと役買ってくれそうですね! 切って巻くだけという手軽さで失敗なし。ぜひみなさんも試してみてくださいね!

文・撮影/坂本ちなみ


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る