一度は行きたい美食の街!スペイン・バスクで飲み歩き女子旅【スキマトリップ】

ここ最近、巷で流行しているバスクチーズケーキ! その発祥でもあるスペインのバスク地方が今、女子たちの熱ーい視線を集めています。理由は、世界で一番美食の街と言われているから。

今回は、年末年始にでも行きたい!バスク地方へリアル女子旅した様子をご紹介します。

バスク地方ってどう行くの?

バスク地方とはスペインとフランスの国境に近くにあるエリア。地方というと広いのですが、目指すべきは「サンセバスチャン」という街です。

マドリードやバルセロナから、飛行機で2時間ほどで到着! あまり便の本数がないので、ビルバオから行くのもオススメです。(ビルバオからサンセバスチャンはバスで1時間ほど)

私が行った時には、事件も・・・!
ビルバオは霧の街と言われるのですが、早朝便で向かったところ、霧で着陸できず。到着した場所は、ビルバオから車で1時間の街。

Licensed by Getty Images

つまりはサンセバスチャンまで車で2時間! その日はレストランの予約を入れていたのでどうしても、その時間までにサンセバスチャンに到着したい! ということで、選んだのはBMWを借りての乗り捨てドライブ(涙) 。

海外ドライブが怖いという気持ちよりも、食欲のほうが勝る!というのが本音。なかなかいい経験でした。
不安な方は、朝方のフライトを選ばない方が得策かも・・・。

何軒飲み歩ける?バルの飲み歩きが最高!

サンセバスチャンの醍醐味は、街中のバルが安くて美味しいところ! とにかく飲み歩きが最高なのです。

お腹を空かせに空かせ、夜20時前に飲み歩きスタート! スペインの夜は遅く、これぐらいじゃないと店の美味しい料理が出揃っていない!
美味しいお店を選ぶ基準は、床の汚れ具合。

ピンチョスを食べたゴミを床に落とす習慣のあるスペイン。
そのため、床が汚れてるほど、たくさん食べられている証拠なのです!

人気なのはbar sport。スポーツバーなのかと思いきや、普通のバルなのです! ウニのペーストや脂の乗った鯖のマリネが最高!

別で行った友人もこれは美味しかった!と絶賛するのは大きいマッシュルームのピンチョス! 
濃厚なホワイトソースが口より大きなマッシュルームにかかっていて、とにかく絶品! バルの数はたくさんあるので、ぜひお店を覗きながら好みのお店を見つけてハシゴしましょう。

さらに試したいのは、バスク地方特有のワイン・チャコリ。

チャコリは、ドライで辛口なワインで、こってり味のピンチョスとの相性は最高! 酸味とミネラル分が強いらしく、呑みやすい上、アルコール度数は9.5%ぐらいと低めの微発泡ワインです。

ワインを空気に触れさせるために。高いところから注ぐのもポイント。お店でぜひオーダーすると、パフォーマンスのひとつとしていろんなことをしてくれます(笑)。

バスクのお土産はあまりパッとするものがないので、チャコリはお土産のひとつとしてもオススメです。

ミシュラン3つ星も人生に1回は

世界で一番、ミシュラン3つ星のレストランが一都市に集まっているのが、ここサンセバスチャン。
お高いですが、世界最高峰のレストランの味に舌鼓を打ちましょう。

私が訪れたのはARZAK。サンセバスチャン の中心から一番アクセスがよく、人気のお店です。

コースの中でもプレートに選択肢が分かれており、友人とシェアできるように別々の料理を選びました。

3つ星だから高いのかな・・・とひやひやしましたが、3万円握りしめていけば体験できます。
もちろん、一食分にしては高い金額ですが、世界最高峰のグルメの街。人生に1回は楽しみましょう。

夜はバルで飲み歩きをしたいので、ミシュランはランチに行くのが美食を満喫するコツ。

他にもAKELARE、”Martin Berasategui(マルティン ベラサテギ) が3つ星レストランで、グルメな人はハシゴすることも! 
年末年始に私が行った際には、クリスマス休暇でARZAKしか開いていなかったので、行く際にはご注意を。

バスクチーズケーキの本場はココ!

今、日本でも大人気で第4のチーズケーキと名高い「バスチー」ことバスクチーズケーキ。

バスクとつくだけあって、こちらに発祥のお店があります。そのお店が「la vina」なんと、ケーキのお店ではなく、バルなのがポイント。

入ると、バスクチーズケーキがずらり!
「美味しそう!これください!」と言うと、「今日の分は終わったよ」 え? こんなにたくさんあるのに?

実は、バスクチーズケーキは焼き上げてから数日寝かせないと、中のぷるぷる感が出ないらしく、こんなにたくさん在庫があっても食べられないのです・・・。

そのため、デザートに食べたいところですが、食べ歩きの早めの時間に行くのがポイント。

私は運が悪く、サンセバスチャンを離れる昼がお店に寄れる最後のチャンス。テイクアウトをお願いしにお昼、買いに行きました。なので、テイクアウトするのもコツかもしれません。

それでは、バスクを食い倒すコツをおさらい!
★目指すは、サンセバスチャン!
★夜はバルをはしご酒。オススメはbar sport
★おいしいお店を見極めるコツは床が汚いかどうか
★高いところから注ぐワイン・チャコリは是非体験しよう!
★ミシュラン3つ星が3軒も!ランチで楽しもう
★今大人気!バスチー発祥の店で、本物に舌鼓

去年、女子旅で行ってよかったと思える旅行先のNO.1です! ぜひ、年末年始にスキマトリップしてみませんか?

写真・文/もろたけいこ


【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
某キー局勤務・バラエティ番組担当のディレクター。 社畜生活の傍ら、スキマ時間で旅をするスキマトラベラー。世界一周も経験し、54か国渡航・行っていない大陸は南極だけ。かつて、お昼の番組でスイーツ担当のため旅行以外にもスイーツ情報も得意。
このナビゲーターの記事を見る