田中みな実さんが厳選! 2018年注目の“タブレット”ショコラ4選

フリーアナウンサーの田中みな実さんは、実は大のショコラ好き。前回のボンボンショコラに引き続き、今回はみな実さんが厳選したタブレット(=板チョコ)をご紹介。ギフトはもちろん、自分へのご褒美としても楽しみたい、大人のためのショコラです。

驚きの進化を遂げた“タブレット”

口いっぱいにほおばる幸せを味わえる、いわゆる板チョコ。気軽なイメージもありますが、実は老舗から気鋭のショコラティエまで、各ブランドが心血を注いだ逸品が目白押し。男性へのギフトにもぴったりです。

BERNACHON(ベルナシオン)――チョコonチョコという新しい発想

「リヨンで3代続く老舗で、カカオに人一倍こだわっているベルナシオン。ホワイトチョコ好きな男性は意外と多いので、喜ばれるはず! 日本未上陸なので、希少価値も高い」 

タブレット ブラン パスティーユノワール フルールドゥセル¥3,200/ベルナシオン(サロン・デュ・ショコラ 2018)

Karamel Paris(キャラメル パリ)――割ればとろっとキャラメルがあふれる

「見た目はシンプルなのに、中はキャラメル。日本のキャラメルと違ってとろっとしているから、全然重たくありません。その意外性は、渡した相手の印象に残るはず(笑)」 

タブレット キャラメルヴァニーユ&フルールドセル¥2,700/キャラメル パリ(サロン・デュ・ショコラ 2018)

Franck KESTENER(フランク・ケストナー)――これがチョコ!?な驚きのルックス

「なんだか宇宙みたいでとてもきれい! この見た目に驚かない人はいないはず。ブルーベリーのジュレが入っているのもめずらしい。でもそのモダンなカラーリングとは裏腹に、素材のよさを生かしたシンプルな味」 

タブレット ミルティーユ¥1,800/フランク・ケストナー(サロン・デュ・ショコラ 2018)

JEAN-CHARLES ROCHOUX(ジャン=シャルル・ロシュー)――山椒でピリッと爽やかな後味

「ショコラティエの日本愛が感じられる山椒味。ほのかに香るというより、ダイレクトにガツンと山椒を感じます。お酒や日本茶との相性もよく、大人の男性へのギフトにぴったり」 

タブレット 山椒ノワール¥1,800/ジャン=シャルル・ロシュー(サロ
ン・デュ・ショコラ 2018)

ちなみにジャン=シャルル・ロシューは、つい最近日本一号店がオープンしたばかり。

ぜひ足を運んでみてくださいね。

※プライスはすべて税抜です。
※サロン・デュ・ショコラは現在開催中のため、商品によっては完売している場合もあります。あらかじめご了承ください。


GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る