アラサー女子の○人に1人は1,000万円の貯蓄がある!?

アンケート調査で寄せられた、アラサ―女子たちのセキララな本音を大公開するGINGERの連載「セキララボイス」。今回は、読者の方からのこんな質問について、掘り下げてみました。 「社会人5年目。実は、 貯蓄をほとんどしていないんです。 というか、今の生活だと貯畜に 回せる金額がほぼゼロ! このままだとマズいですよね…?」(27歳・通信) 

ぶっちゃけ!現在の貯蓄額は?

アンケート回答者のなかで、年収別に現在の貯蓄額を比べてみると・・・年収500万円未満の人のなかには、貯金が100万円に満たないという人が多くいる一方で、年収500万円以上の人のなかには、300万円以上貯めている人が70%以上。1,000万円以上という人もちらほら見受けられました。アラサー女子の10人に1人は1,000万円の貯蓄があるといえます。

「ひとり暮らしで貯蓄を始めて5年、やっと100万円貯まりました」(30歳・アパレル) 

「転職して年収が50万アップしたので来月からは月10万ずつ貯蓄したい」(31歳・小売) 

「貯蓄がたったの30万とは誰にも言えない!」(27 歳・マスコミ)

35歳までにいくらの貯蓄があれば満足?

現状はさておき、35歳までに貯めたい額は500万円以上という人が多数。貯蓄の一番の目的はといえば、将来(老後)のためという人が半数以上でした。年金問題など、不安要素がある現代ならではといえるでしょう。

「500万円は欲しい! 年80万ペースで貯めないと追いつかないけど、現状は年50万円が精一杯・・・」(29 歳・メーカー)

「年収350万で月々の貯蓄は3万。生活費が余ったら貯蓄に回そうとは思っていますが、まだ一度も実現していません」(28歳・通信) 

月々いくら貯蓄に回している?

貯蓄の基本となる、月々の貯金額。月の始めに数万円を貯金用口座に入れるという人が多いようです。「余ったお金を貯めるだけ」という人も少なくありません。

「毎月余ったお金2〜5万円を貯金してボーナスは半分〜4分の3を貯金。その額を捻出するため、自炊などで節約しています」(29歳・サービス) 

「普段は気にせず、ボーナスをすべて貯めています」(30 歳・マスコミ)

アラサーになると周囲で結婚や子育てをする人が増え、自分の貯蓄額に危機感を覚えることもありますよね。自分も結婚や出産をするかもしれないし、しばらく未婚のままかもしれないし、先は誰にもわからない・・・だからこそ、少しずつ意識を高めて、無理なく、いざというときに備えておきたいですね。

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る