アメリカ流バレンタインは実は「義理チョコ」⁉

もうすぐバレンタインデーですね! 今年はどのように過ごす予定ですか? 日本ではバレンタインといえば、女性が好きな男性にチョコレートを渡して告白したり、恋人や旦那様に愛を伝える日。そして職場や普段お世話になっている人に渡すチョコレートは「義理チョコ」なんて呼ばれていますよね。 アメリカでも、もちろんバレンタインデーは存在するのですがその様子は日本とはちょっと異なります。今回は、意外と知らないアメリカンバレンタインデーにまつわる常識をご紹介します。

アメリカでも恋人同士の記念日――

Licensed by Getty Images

アメリカでは、バレンタインデーは恋人同士が何かを送り合う日。
男性が女性を食事に誘いそこでプレゼントを交換しあうこともあれば、家族を持つ男性は奥さんにプレゼントを買って家に帰るというのが一般的なようです。プレゼントも高価なものを贈る人もいますが、イチゴのチョコレートがけや花束といったように、気持ちを伝えるちょっとしたものがメインのよう。どちらかというと男性が女性に何かを贈ることが多いのですが、恋人や夫婦で過ごす特別な日という点では一緒です。

学校では・・・?

Licensed by Getty Images

アメリカのバレンタインデーエピソードといえば、子育てしていて驚いたことが。
バレンタインが近くなったある日、子供が手紙を学校からもらってきました。「バレンタインのプレゼントは禁止」という内容かと思いきや・・・。
「○月○日にバレンタインのパーティーをするので、クラス全員にカードを持ってきてください」というクラス全員の名前が書かれた名簿が添えられた手紙。
アメリカでは、クラスの子供達とバレンタインの交換をするのが一般的なようです。「バレンタインチョコ禁止」なんていうルールが学校にある日本とは正反対ですね。

愛をシェアする日

Licensed by Getty Images

スーパーに行くと、チョコやキャンディなどにカードがついているバレンタイン仕様のお菓子が並んでいます。名簿を見ながらカードに送り主の名前を書き、お菓子を付けて子供に持たせたところ、バレンタイン当日には大量のカードとお菓子を持って帰ってきました。子供に聞いてみると、お菓子付きのカードを交換しみんなと話ができてよかったと言っていました。これがきっかけで話をするようになったクラスメートもいたそう。
こうしてバレンタインにお友達とお菓子をシェアして楽しんで「愛とは何か」、つまり恋愛だけでなく周りを愛することを教えるのが目的なのだそうです。

・・・と考えると、普段お世話になっている人へ渡すいわゆる「義理チョコ」というのも同じ考え方なのかもしれません。今年は「義理」という言葉は忘れて、日頃の感謝を込めて、男女問わずバレンタインデーにちょっとしたものをプレゼントしてみるのもいいかもしれませんね。

文/クロウェルゆうこ

クロウェルゆうこ/編集・ライター
ナビゲーター
クロウェルゆうこ/編集・ライター
編集・ライター。エンタメ系プロデューサー歴7年の後、渡米。海外への留学アテンドや、文化交流を中心に活動し、現在は翻訳業のほかライターとしても活動中。
このナビゲーターの記事を見る