【アスリート飯】ゴルフで勝つ! 集中力をアップさせるごはん

どんなスポーツも集中力は必要ですが、中でもゴルフ、弓道、射撃、アーチェリーなど、静止状態から狙いを定める競技は、卓越した集中力が必要なもの。 勝負を分ける「集中力」をアップする食事とは?

必要な栄養素とは?

From Getty Image

集中力が勝負の行方を決める、いわゆる「メンタルスポーツ」に取り組むアスリートは、肉体の研鑽(けんさん)とともに、精神を司(つかさど)る脳に良い効果をもたらす食品を選ぶことが大切です。
脳のエネルギー源はブドウ糖。ブドウ糖を体内にしっかりと蓄えるために、食品で糖質をしっかり摂ることがポイントです。
さらに集中力をアップさせるためには、普段から神経伝達物質(自律神経)を整えなければなりません。
心の安定を助ける神経伝達物質の材料はたんぱく質。そしてその合成を助ける栄養素はビタミンとミネラルです。アミノ酸の一つ、GABAも注目株です。GABAの成分にはリラックス効果があり、パフォーマンスを最大限にする効果があるといわれています。
またバナナに含まれるアミノ酸の一種トリプトファンは、別名「幸せホルモン」と言われるセロトニンの材料になり、心が安定する効果があります。
青魚に豊富なDHAやEPAなどの脂肪酸は、うつ病予防に注目されるなど、脳の情報伝達をスムーズにする効果も望まれます。
こうした栄養素に注目し、食品を選ぶようにしましょう。

セレクトしたい食品は?

納豆巻き(ミネラル+糖質)
たんぱく質とビタミンB群、鉄分、マグネシウム等を含む納豆。納豆巻きなら同時に糖質も摂れる。

もずく(カルシウム)
もずくをはじめ海藻類には、イライラを防止するカルシウムがたっぷり。骨の強化にも効果あり。

ゆで卵(たんぱくしつ)
ビタミンC以外の栄養素を網羅する完全栄養食品。ビタミン・ミネラルも同時に摂れる。

バナナ(トリプトファン)
「幸せホルモン」セロトニンの材料になるトリプトファンを豊富に含む。心の安定にはバナナを。

青魚(脂肪酸)
青魚に豊富なDHAやEPAなどの脂肪酸は、脳の情報伝達をスムーズにする作用を持っている。

ナチュラルチーズ(トリプトファン)
バナナやアーモンドと同様、ナチュラルチーズにもまたトリプトファンが含まれている。

発芽玄米ごはん(GABA)
アミノ酸の一種であるGABAを含んでいる発芽玄米。リラックス効果が望める。

アーモンド(トリプトファン)
バナナと同様、トリプトファンが豊富なアーモンド。プレー中に食べるプロゴルファーもいる。

GABAチョコレート(GABA)
GABAは最近、アスリートの世界で注目度が高まっている。が、チョコの食べすぎには気を付けて。

今回お話をお伺いしたのは…
アスリートフードマイスター認定講師
管理栄養士 椎橋聡子

株式会社Food Smile代表/管理栄養士/健康運動指導士。アスリートへのパーソナルサポートをはじめ、スポーツ栄養セミナー、アスリート向けレシピ監修、WEB・雑誌へのコンテンツ提供、商品開発企画など幅広く活動中。