【12星座別】2020下半期の仕事運 ~ふたご座・てんびん座・みずがめ座~

フォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんによると、今年12月に約240年ぶりの星の大革命が起こり、“風”の時代に突入。そのため、2020年の下半期は“風の時代を生き抜く力”を備えることが重要になってきます。


そこでこの記事では、「風のエレメント」ふたご座、てんびん座、みずがめ座の仕事運について解説したいと思います。

イラスト/sino

ふたご座・・・「本物の恋にきっと出会える」

恋愛運が上昇中。人に優しくできるときなので、恋人や仲間、身近な人に愛を持って接するとさらにハッピーのお返しが。
特に7月は、魅力アップの兆し。着古した服、眠っている小物は潔く捨てて、新作の服や華やかに見せるアクセサリーで着飾って。

カップルはこれまで気付かなかった彼の本質に触れることがあるかもしれません。人間性に違和感を持ったらそこで終わり。目をつぶってしまうと、あなたまで彼に染まってしまうことに。気持ちを入れ替えて、リアルまたはオンライン婚活などで新しい出会いを求めたほうがゴールは近い! 本物の恋にきっと出会えます。


てんびん座・・・「2020下半期愛され女子No.1」

下半期愛され女子No.1はあなたです! 甘えん坊な男子が寄ってきそうですが最初が肝心。付き合い方を間違えないように。あなた自身も彼に甘えて。
フリーの人は、恋活に全集中! 正しい生き方がキーワードの人なので、恋愛に対して考えすぎるところが玉にキズ。理想的な人がいない、オンラインの出会いはちょっと怖い・・・と言っていると絶好のチャンスを逃すことに。新しいタイプや出会い方にも目を向けましょう

家族について考えるのもぴったりのタイミング。今すぐの結婚はなくても、彼の結婚願望を確認しておくべきです。今知っておくと、どう動いたらいいかが見えてくるはずです。


みずがめ座・・・「今のうちに恋愛も見直す必要アリ」

見て見ぬふりをしてきたパンドラの箱を開けるとき。2021年の幸運期イヤーは新しいスタートを切るような感覚があるので、今のうちに恋愛も見直す必要がありそうです。

お付き合いしている人は、この先、星の一巡りの12年間を共に過ごせる人なのかどうかが見極めの判断に。将来のことをそれとなく聞いてみて。
ここでは結婚するか、別れるかの2択しか道はなく、環境を変えてほしいのです。不安しかない恋や、一緒にいたい、楽しいと思えないパートナーとの結婚生活は別れの選択も。ズルズルと続けても未来にいいことはありません。もう心はだいぶ前に決まっているはずです。


今こそ、ピンチをチャンスに変える生き方を知るときです。
イヴルルド遙華さんの愛が詰まった言霊にパワーをもらって、2020年下半期の一歩を踏み出しましょう!

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る