知らなきゃ損なキャッシュレス決済方法を総まとめ!【お金に愛されるルール】

コロナショックによる派遣切りや給与ダウンなど、お金の不安がつきまとう今。こんなときは収入を増やすよりも、今あるお金を上手に巡らせたり、増やすことに注力するのが正解です。そこで、お金に愛される体質になるためのルールをお金のプロが解説!

お金に愛されるルール:現金をやめて、キャッシュレス生活にシフト!

新しい生活様式も伴い、キャッシュレス利用者は今後もっと増えそうな予感!

キャッシュレスとは、その名のとおり、現金(キャッシュ)を使わずに支払い・受け取りを行う決済方法のことです。おなじみのクレジットカード払いはもちろんですが、利用者が急増中なのが非接触(IC)決済の電子マネー。現金支払いは残高が減るだけですが、キャッシュレス決済なら、どの決済法でもほぼポイントが貯まります。ちなみにキャッシュレスの一番のメリットは、現金がなくても支払いができる点ですが、それゆえ使い過ぎには気をつけましょう。

各キャッシュレス決済法と特徴は?

クレジットカード決済 →少額の場合、サインレス可能な場合も

銀行口座と連携した決済方法は、キャッシュレス決済サービスの草分け。使用時は暗証番号、サイン、オンラインでの決済になります。ほかの決済と比べると、一度に大きな金額の決済が可能に。金利の高いリボ払いの使いすぎや、不正使用などには注意して。

こんな人に最適!
●海外旅行によく行く人
●社会的立場、身分を証明したい人
●ポイ活をしたい人

QRコード決済 →特典や送金・受け取り機能が魅力

スマホでQRコードを読み取ることで、支払いが完了。店舗側はQRコードを作るだけなので、非接触(IC)決済よりも導入コストが少なめ。送金・受け取りが可能だったり、「友達に紹介したら、○○円分のポイントプレゼント」などのうれしい特典も。

こんな人に最適!
●お得なキャンペーンを利用したい人
●飲み会や女子会で割り勘をよくする人
●ポイ活をしたい人

非接触(IC)決済 →決済端末機に“かざす”で時短が叶う

スマホに登録されたクレジットカードや電子マネーカードを用いて、店舗の決済端末機で支払い。スマホの場合、アプリを立ち上げる必要がないので、とにかくラク。ただし、万が一紛失してしまうと、場合によっては知らない人に使われてしまうリスクもあり。

こんな人に最適!
●支払いを短時間で済ませたい人
●アプリを立ち上げるのが面倒な人
●ポイ活をしたい人

代表的な電子マネーはこちら

支払いが時短になるうえ、ポイ活にも便利な非接触(IC)決済の電子マネー。押さえたいサービスをご紹介。

iD:ドコモユーザーでなくても利用できる!
NTTドコモが提供する電子決済サービス。「ポストペイ型」「プリペイド型」「デビット型」から支払い可能。飲食店やタクシー、百貨店、ドラッグストアなど、日本全国で使えます。
※「iD」ロゴは株式会社NTTドコモの登録商標です。  

nanaco:セブン–イレブン、イトーヨーカドー利用者には不可欠
セブン&アイグループによる、プリペイド(先払い)方式の電子マネー。¥200(税抜)で、1nanacoポイント付与。ポイントは電子マネーに交換したり、お買い物に利用できます。

楽天Edy:全国約77万ヵ所(※2020年6月1日時点)の加盟店で使える!
プリペイド方式の電子マネー。現金やクレジットカード、楽天ポイントなどでチャージできます。チャージ時に楽天カードを使うと、ポイントの二重取りも可能に(要設定)。

PASMO:きっぷやお財布代わりに使えるICカード

鉄道やバスのきっぷとしてはもちろん、加盟店では電子マネーとして、お買い物にも利用できます。PASMO×京王パスポートカードの組み合わせによるポイントサービスも注目。
※「PASMO」ロゴは株式会社パスモの登録商標です。

Suica:定期券やきっぷ以外に電子マネーとして大活躍間違いなし
JR東日本発行のプリペイド式の交通系電子マネー。JRE POINTに登録すれば、JR東日本の鉄道に乗ってポイントを貯めたり、ポイントをSuicaにチャージすることも可能。

WAON:イオンの対象店舗で会員登録限定ポイント2倍なども
イオン提供の電子マネーで、イオングループをはじめ、ファミリーマート、ローソンなど、全国の加盟店で利用可能。全国ほとんどのお店でお支払い¥200(税込)ごとに1ポイント付与。

プロいち推しは、Visaのプリペイドカード Kyash Card

Visa加盟店、QUIQPay+加盟店ならどこでも使えます。このカードで決済すると1%還元! クレジットカードの登録orコンビニや銀行でのチャージで、即使用可能。利用限度額を自分で設定でき、使いすぎ予防に◎。サインレス&タッチ決済にも対応。

こんな心配はどうする?Q&A

Q. 不正利用が怖い!何か対策はある?
A. どんな決済も履歴確認がマスト

スマホ決済の場合は画面ロックに、顔認証や指紋認証を設定して。利用履歴は定期的に確認し、身に覚えのない決済がないかチェック。疑わしい決済があれば、決済事業者に連絡を。

Q. 自分にどのサービスが合うのかよくわからない・・・
A. ライフスタイルや性格で判断を

「よく利用するショップで使えるポイント」の対応決済サービスを選ぶと◎。「後払い(ポストペイ)」「先払い(プリペイド)」「即時払い(リアルタイムペイ)」もチェック。

Q. 紛失や盗難されたら、使われる恐れはない?
A. 何はともあれ、利用停止の手続きを

他人に悪用される可能性があるので、利用停止の手続きを。スマホの場合は遠隔操作でロックをかけ、電子マネーサービス提供会社などの決済事業者に連絡し、対応を仰いで。

Q. 便利なぶん、使いすぎそう。使いすぎ防止はどうする?
A. 事前の対策で支払い貧乏を回避

使いすぎ防止には利用するキャッシュレス決済法を限定する、1日または毎月の利用額を予算化しておく、家計簿アプリと連携させる、オートチャージを使わないなどがおすすめ。

教えていただいたのは・・・
ファイナンシャルプランナー 丸山晴美先生
FP、節約アドバイザー、消費生活アドバイザーとして、メディアや講演出演などを行う。著書は『50代から知っておきたい! 年金生活の不安、解消します』(共著・幻冬舎)など。

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る