英語をさらっと聞き取るコツとは? リスニング力アップのための基本の“キ”

英語を聞き取れるようになりたい、どうしたらよいの?というご相談を、特にビギナーの生徒さんから多くいただきます。
そこで、ミライズでは最近英語初心者の生徒さん向けのリスニング・スピーキングアップの講座を開講しました。今日はその講座でお伝えしているリスニングアップのTIPをこちらでもお伝えしたいと思います!

言えることは聞こえる

英語のリスニングとスピーキング力アップの方法の前提として「自分で言えることは聞こえる」という法則があります。そのためリスニングアップのためには、発音にフォーカスしてたくさん発話することが必要です。

日本語と英語の違いに気が付く

日本語には、子音だけで発音する音は「ん」以外にありません。すべてに母音の音がついてきます。例えば「川(かわ)」であれば、発音は「KA・WA」と母音の“あ”という音が付いてきます。

ただし、英語は子音だけで発音する言葉があります。例えば「book」という言葉の最後の音は「KU」という音ではなく「K」のみが発音されます。発音記号だと「bˈʊk」です。

正しい音を学んで発話することが大事

日本人の方でリスニングに苦労される方の典型的な例が、bookという単語の最後の音「k」を「KU」という音のカタカナ読み「BUKKU」という音で覚えてしまい、聞くときにもこの「KU」いう音を期待してしまうので「bˈʊk」が聞こえないというものです。

そのため、目で見て自分で思った音で発音して覚えてしまうのではなく、きちんとした発音を確認して、それを発話練習することが重要なのです。

英語は音がつながる、消えることがある

また、英語は音が変化します。いろいろな細かい法則はありますが、まずは以下の2つを気を付けて発話すると大分聞こえ方が変わってくるはずです。

①子音+母音(つながる)

語の最後が子音、次の語の最初が母音(a i u e o)の場合、音がつながります。

②子音+子音(つながる/音が消える)

語の最後が子音で、次の語が子音の場合、音が消える時があります。

例えば、Let it goという曲がありますが、LetのTは子音、itのIは母音なので、「レット・イット」ではなく「レリット」という音になります。そして、itのTとgoのGは子音2つ、なので、Tが聞こえなくなり、「レリゴー」という音になるというわけです。

なぜその音なのかまで考えてみる

最初「レリゴー」って何?と思われた方も、文字を見れば「Let it go」なのね、と思われたでしょう。その好奇心をさらに、なぜその音になるのかまでをひも解いてみてください。

何言ってるの?と思ったら、文字(スクリプト)で確認、その後、なぜその音になるのか確認して、さらにそれを音読で練習できれば、スピーキングアップへの第一歩。それを積み重ねてリスニングマスターに近づくこと間違いなしです。

MeRISE英会話
ナビゲーター
MeRISE英会話
セブ島留学と英会話スクールのMeRISE(ミライズ)。セブ留学は一つ何かにチャレンジしてみたい女子に人気!講師陣は全員が英語を「教えるための」資格を持っています。
このナビゲーターの記事を見る