朝ごはんに、ランチに、夜食に… 世界の絶品グルメホットドッグレシピ4選

アメリカ料理を代表する食べ物のひとつ、ホットドッグが今、続々と進化中なのをご存知ですか? それは、本来ストリートフードだったホットドッグが豪華にアレンジされて、レストランの夕飯メニューに並ぶほど。今日はそんな先駆けとなった、ユニークなグルメホットドッグのレシピを一挙に公開します。コーヒーとともに朝ごはんとして。サラダやスープを添えたら立派なランチやディナーにも! 夕飯にするなら、ウインナーより豪華な粗挽きソーセージがおすすめですよ。

シカゴスタイル 

ドイツやポーランドといった、ソーセージの本場出身の移民が多いシカゴには、そんなエッセンスを組み合わせた独自のホットドッグがあります。
特徴は大きなピクルスが入って、マスタードのみでケチャップはかけないことです。口に入らないほど大きいこのホットドッグ、味は驚くほどさっぱりして、病みつきになること間違いなしです。

作り方:バンズに粗挽きソーセージのグリル、キュウリのピクルス、あればハラペーニョのピクルス、トマトのスライスを挟み、玉ねぎのみじん切りを乗せて、マスタードをかける。

ドイツのB級グルメ、カリーヴルスト

最近世界的に有名になっている、ベルリン発祥のB級グルメ、カリーヴルストは、カレー味のトマトソースをかけたソーセージです。スパイシーなケチャップがソーセージにぴったりで、そのまま食べても、ホットドッグにしてもとても美味しいです。トマトソースではなく、ケチャップを使って簡単にできるソースを紹介するので、ぜひお試しください。 

<即席ソースの作り方> 
材料:オリーブオイル大さじ1杯、ニンニクみじん切り少々、タマネギみじん切り大さじ2杯、トマトケチャップ大さじ4杯、粒マスタード小さじ1杯、カレー粉小さじ1杯、水大さじ2〜4杯

作り方:フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクと玉ねぎをしんなりするまで炒める。残りの材料を加え、弱火で5分ほど煮る(必要なら水を加える)。塩・胡椒(分量外)で味を調える。

※カレー粉はメーカーによって違うので、分量を調節してください。ウインナーより、ドイツ風の粗挽きソーセージを使うとより美味しくなりますよ。

アルゼンチンのチョリパン

肉食大国アルゼンチンのストリートフード、チョリパンは、最近アルゼンチン国内でも人気を増し、豪華にアレンジされたものが増えています。
基本は、パンにソーセージを挟んで、チミチュリソースをかけたシンプルなもの。チミチュリソースは、ハーブとオリーブオイルベースの万能ソースで、ステーキやソーセージなどのグリル料理に必ず添えられます。ソースのさっぱりした味と肉との相性が最高の、肉食大国ならではの味です。

<チミチュリソース> 
材料:パセリのみじん切り大さじ4杯、ネギのみじん切り大さじ1杯、香菜大さじ2杯、すりおろしニンニク1片、粗挽きチリペッパー(鷹の爪のみじん切りでも)少々、オリーブオイル大さじ6杯、ビネガー大さじ3杯、塩・胡椒 

作り方:すべてを混ぜ合わせ、一晩寝かす。グリルした粗挽きソーセージをパンに挟んで、チミチュリソーセージをかける。

チリドッグ

テキサスからワシントンDCまで、アメリカの各地にあるチリドッグは、ホットドッグにチリソースをかけたもの。上にかけるチリは甘いタイプ、ドライなタイプ、ソース状になったものなど、バラエティーは色々ですが、共通して言えることは、どれを食べてもそれなりの美味しさがあること! ホットドッグに好みのチリもしくは下記のチリをかけてどうぞ。

<チリソース、作りやすい分量>
オリーブオイル大さじ1杯
玉ねぎ1/2個、みじん切り
ニンニク1片、みじん切り
牛ひき肉230g
チリパウダー大さじ1/2杯
クミンパウダー小さじ1/2杯
パプリカパウダー小さじ1/2杯
ドライオレガノあれば大さじ1/2杯
カイエンペッパー小さじ1/8杯(なければタバスコや一味などで代用)
トマト小1/2個、サイコロ切り
トマトソース缶200g
砂糖大さじ2杯
マスタード大さじ1/2杯
ケチャップ大さじ1/2杯
塩・胡椒

作り方
1.鍋にオリーブオイルを中強火で熱し、ひき肉を入れ、赤身がなくなりまで炒めて取り出す。
2.1に、玉ねぎとニンニクを加え、しんなりするまで炒めたら、チリパウダーからカイエンペッパーまでのスパイスと1のひき肉を入れ、1分炒める。
3.トマトからケチャップまでを加え、煮立てたら、時々かき混ぜながら弱火で20分程煮る。塩と胡椒で味付けする。
4.ホットドッグを作り、3のソースをかけ、好みで玉ねぎのみじん切りとシュレッドチーズを散らす。

写真・文/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る