星野リゾートin箱根!体を癒やし、感性を磨く大人女子旅レポート

多数の応募者のなかから選ばれた幸運な読者だけが参加できる、GINGERの大人気「読者レポーター」企画。今年度の「日本探訪」の第4弾は、日本有数の温泉旅館が立ち並び、湯治場として古くは江戸時代から愛され続けてきた箱根。個性豊かなアートに触れながら、心身を解放する贅沢旅を体験してきました!

温泉をもっと深く感じる”現代湯治”とは?

「王道なのに、あたらしい。」をコンセプトに、現代ならではのくつろぎを追求した湯治を星野リゾートでは体験できます。温泉の本質を深く理解し、全身で感じることでより深く温泉を楽しめます。

界 箱根の大浴場は、四季折々の湯坂山の風景が楽しめる古代檜で造られた半露天風呂。思わず息をのむほどの美しい光景に圧倒され、自然との一体感を覚える空間です。泉質はナトリウムー塩化物泉で、冷え性などに効果があるとされています。

入浴前に温泉ギャラリーで学び、温泉の本質を理解します。箱根十七湯という言葉があるように、箱根には17もの多彩な泉質が特徴。その泉質に合った効果・効能が期待されます。

お風呂上りには、国家資格を持つ鍼灸マッサージ師による極上マッサージで体を芯からほぐしていきます。温泉で体をあたため、凝り固まった全身をほぐし、血流改善によりリラックス効果もアップ。体調にあわせて柔軟に対応してくれるため、気になる箇所を相談するのもいいでしょう。

伝統工芸 箱根寄木細工のヒミツ

界 箱根の‟ご当地楽”として、地域の伝統文化の箱根寄木細工の魅力について、スタッフが毎夜語ってくれる催しがあります。ここでは、寄木細工でできた好みの器で季節の飲み物や甘味を堪能しながら、寄木細工の誕生逸話や作業工程のヒミツを知ることができます。

さらに箱根寄木細工と木の実などで思い思いに飾り付けができる、オリジナルリースキャンドルづくり体験も開催。自分だけのリースを作って思い出を形として残すのも旅の醍醐味ですね。

個性豊かな芸術に触れて、表現欲を解放!

数多くの個性あふれる美術館が数多く点在する箱根は、アート欲を満たすのにぴったりの場所! 名作から斬新な現代アートまで幅広く楽しめ、感性を磨く大人の時間を過ごせます

こちらは界 仙石原の”アトリエライブラリー”。画材や絵筆を並べ、アトリエに仕立てられた空間です。ここではアート鑑賞するだけではなく、自らが体現することをテーマに自由に表現できる場所。感性が刺激される仕掛けが施されていて、まさに「アトリエ温泉旅館」という名にふさわしい宿です。

週替わりでアーティストを講師に招き、ものづくりを体験するワークショップも開催。今回はテクニックに頼らない「絵の描き方」、「ものの見方」を学ぶデッサンに挑戦。普段絵を描く機会が少ない初心者でもあっという間に描けるようになる、大人も楽しいワークショップです。

全室露天風呂付き!湯の花舞う癒やし空間を堪能

自然の光と四季の移ろいが楽しめる大浴場と全16室の露天風呂付き客室は、大涌谷から引いた湯の花に浸かることできる贅沢空間です。

大浴場の内風呂にはあつ湯(温泉)とぬる湯(真湯)の2種類を用意。大涌谷から引いたやや白濁した泉質の効能は、短時間の入浴で肌が滑らかになり、体が芯までしっかりとあたたまる特徴があります。

目にも楽しい!美しい食器を愛でながら絶品料理を食す

山の幸と海の幸をふんだんに使った地域色豊かな会席料理は味もさることながら、器も必見! 美食とこだわりの器が一体となった会席料理をいただきました。

アトリエ温泉旅館の名にぴったりな提供方法や器に趣向を凝らした会席料理。ただ美食を楽しむだけではなく、食材とともに器を愛でることで、仙石原を全身で味わうことができます。

宿泊した宿はこちら―― 星野リゾート  界 箱根

渓流沿いに佇む瀟洒な温泉旅館で全32室(和室24、洋室8)。全客室から山川の景色が望め、最上階には「清流リビング付客室」と「露天風呂付客室」の洋室を用意。

宿泊料金 : 1泊1名あたり¥30,150~(2食付き、税・サービス料込み)
TEL : 0570・073・011(界予約センター)

星野リゾート 界 仙石原

アーティスト、ゲスト、スタッフの三者で表現するアトリエ温泉旅館。客室数は全16室(本館13室、別館3室)で全客室に露天風呂を完備。別館は11月オープン予定。

宿泊料金 : 1泊1名あたり¥36,150~(2食付き、税・サービス料込み)
TEL : 0570・073・011(界予約センター)

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る