窪田正孝×三池崇史監督が本格タッグ!豪華俳優陣が繰り出す異色のラブストーリー

三池崇史監督初のラブストーリーと早くも話題の映画「初恋」。余命を宣告された才能あるボクサーが、1人の少女を救ったことでマフィアや警察の争いに巻き込まれていく異色のラブ×バイオレンス作品です。豪華俳優陣が揃うこの作品を、映画ライターの渥美志保さんに語っていただきました。(編集部)

仁義なきヤクザの世界に、追われ加速する恋心

脳腫瘍で余命宣告されたボクサー、レオと、父親の借金のカタでヤクザに売られた少女モニカ。夜の歌舞伎町で偶然出会ったふたりは、組織のドラッグ持ち逃げを目論むチンピラヤクザ&悪徳警官に利用され、さらには組織と対立するチャイニーズマフィアも参戦し、激化する抗争の渦中に巻き込まれてゆきます。

キャラクター総出演という感じのこの作品、それを見ているだけでも面白いのですが、特に最高なのは物語を引っ張る染谷将太とベッキーの「怪演」です。

染谷が演じるのは、持ち逃げ計画の首謀者のヤクザ・加瀬。頭脳派ぶって計画をたてたものの、その実マヌケな計算違い連発で、コトを雪だるま式に大きくしてしまいます。半開きの目で常に他人を見下し、そのくせ暴力にはめっぽう弱く、すぐにアワアワして逃げようとするマヌケなワルです。

一方のベッキーが演じるのは、ただ一人、ヤクザ抗争とは異なる文脈で加瀬を追う、ヤンキー女のジュリ。彼女は、加瀬の計算違いをカバーするために殺されたチンピラ男の恋人で、復讐を誓って地の果てまでも加瀬を追いかけてゆきます。めちゃめちゃ凶暴でド迫力、でもその裏にはとことんの純愛があり、「“裏”初恋」の主人公と言っていいかもしれません。何度も殺されかけながら生き延びて、傷だらけになりながらバール片手に加瀬に迫る・・・その場面は、加瀬役の染谷将太が本当に上手に憎ったらしく演じているからこそ、ものすごく痛快です。

この二人を見るだけでも元がとれるほど面白いのですが、もちろん『きのう何食べた?』と同一人とは思えない「男」すぎる内野真聖にもシビれますし、ヤクザたちの裏切りに次ぐ裏切りの展開のほとんどが「群像コメディ」と言えるほど笑えます。そして背景にそうした「仁義なき世界」があるからこそ、主人公ふたり――特にモニカを守ろうとするレオの真っ直ぐさ、純真さが際立ちます。ボクサーという役柄も合ってか、鍛え上げた窪田くんのがっちりした身体も素敵です。

三池崇史監督は、これまで男性好みのバイオレンスな世界を多く描いてきましたが、この作品はバイオレンスも少なめで、女性観客を特に意識して作られているように思います。三池作品を見たことがない女性たちに、ぜひその独特のアイディアや笑い、超絶な面白さを、ぜひ体験してもらいたいなー。

 『初恋』
【監督】三池崇史
【出演】窪田正孝、大森南朋、染谷将太、小西桜子・内野聖陽ほか
全国公開中
https://hatsukoi-movie.jp/

渥美志保
ナビゲーター
渥美志保
TVドラマ脚本家を経てライターへ。雑誌やWebのほか、企業広報誌などにも多く寄稿。J-WAVE「KEY COFFE METROPOLITAN CAFE」にてシネマスターとして映画を紹介。TOKYO FM「FMシネマ」では構成とキャスティングを担当。現在は映画を中心にカルチャー全般のインタビュー、ライティングを手がけている。
このナビゲーターの記事を見る