欲張りなままでいい! 今年はしっかり働いて、ガッツリ愛されてみない?

仕事が忙しいから恋ができない。早く結婚して落ち着きたいから仕事はそこそこに抑えたい。働き続ける女性が増えてはいるものの、どこかでどちらか一方を諦めなくてはいけないのではないかという気持ちがあなたの中にも潜んでいませんか? もしこのふたつの願いが同時に叶うとしたら…。迷わず手にしたいと思いませんか。
決して欲張りな望みではありません。どちらもあなたがあなたらしく生きるための大切な願いです。 ふたつの願いを両方叶える、そんな充実した1年を送るための秘訣をご紹介します。 

1.「 欲張りな私」を自覚する

Licensed by Getty Images

欲張りな私であるためには、まず本当に欲しているものを知る必要があります。本当に求めているもの以外のものを手にしても心は満たされません。

欲しいものを手にすることができない理由のひとつは、「今の自分」を元に未来を構築しているから。
「今の自分」が構築した未来とは、今できることの範囲内で未来をイメージしているということ。でも、本当に望むものはその範囲を超えた先にあるものなのです。

生涯働き続けたい、そのためのキャリアを構築したいと考える女性は増えています。それなのに、仕事で結果を出し続けても満たされている気がしないという想いに苦しさを感じたことはありませんか? それは求めているものが他にもあることを証明していることになるのではないでしょうか。

より大きな結果を仕事で出すことで、その想いを埋めようとし続けても、いつまで経っても気持ちは落ち着きません。大切なことは、たとえ今その叶え方がわからなくても、自分の本当の願いに寄り添うことなのです。

結果が望めそうなことではなく、望む結果を自覚することが欲張りライフの幕開けとなります。

2. 刺激よりも癒やしで恋を成功に導く

Licensed by Getty Images

いまだ男性優位に感じられる社会。その世界に女性がどっぷり浸かってしまうと男性化してしまいがちです。男性社会とは、勝ち負けを競うことを楽しむ世界、結果を出すことに命をかける世界です。
女性がこの世界を楽しんでいると、ついつい彼の前でもその一面が顔を出します。それが彼を遠ざけ、恋を残念な結果に導いてしまうことも。

現代の男性は女性に精神的なサポートを多く求めているといわれています。精神的なサポートとは、毎日の戦いで傷ついた心の修復。

でも、キャリア女性にありがちな言動のなかには、傷の修復どころか悪化させてしまうというケースも。
例えば、彼と誰かを比べる話。自分が評価された話など。比較を感じさせる内容は男性にとって刺激はあるものの癒やしにはならないのです。

あなたと過ごすとき、彼が必要としているのは、あなたに思いやられていると感じる時間です。けして彼の戦闘力に火をつける時間ではないことを心に留めておいてくださいね。女性が思う以上に比べられることは男性の心に突き刺さります。

3. 彼の最強のサポートを受けて仕事をする

Licensed by Getty Images

男性は基本的に女性をサポートしたいと思っているものです。彼女のために役に立ちたい、力になりたいと。その彼らの気持ちを盛り上げてくれるものが「あなたの喜ぶ姿」。男性はあなたの喜ぶ姿が見るために、全力でサポートしてくれます。

仕事中心の生活をしていると、今着手していること、得た結果を彼に報告しがちですが、そこからはあなたが何に喜びを感じているのかが伝わりにくいもの。彼が仕事の話を親身に聞いてくれないと嘆く女性の多くは、仕事の報告がメインになっているのではないでしょうか? それではどんなに情熱的に語っても彼らには届きません、興味を引かないのです。なぜなら彼らの興味の対象は仕事の内容ではなく「あなた」だからです!

仕事の話をするときは、その過程、結果メインではなく、どんな想いを込めていて、そのことで何を感じ、何に喜びを感じているのか、そこをメインに伝えることが大切。男性は現実的、表面的な出来事ではなく、あなたの心の声を知ることでサポート力を発揮します。

仕事と恋愛を両立させていく上で欠かせないのが、パートナーからのサポートです。彼らのサポートを最大限に活用しつつ、彼の最大のサポーターになって、恋も仕事も満足度の高い一年を楽しんでくださいね。

文/小松恭子


小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る