ストックホルム、プラハetc.ヨーロッパ各国のクリスマスマーケットに行ってみない?

ヨーロッパでクリスマスマーケットと聞くと、まず思い浮かべるのがドイツ。大都市だけでも2500以上の市が開かれるというこの国は、まさに「クリスマスマーケット大国」です。 でも、ヨーロッパにはドイツの他にも、長い歴史と独自の文化をもつクリスマスマーケットがたくさん。今回は、そのなかから一度は行ってみたいユニークな4つのマーケットを紹介します。 

ストックホルム

From Getty Image

まずは北欧 スウェーデンから。有名なのは、ストックホルムのガムラスタンで開催されるクリスマスマーケットです。スウェーデン語で「古い街」という意味をもつガムラスタン。クリスマスが近くなると、ノーベル博物館前の広場に大きなクリスマスツリーが現れ、それを囲むようにおよそ40の屋台が並びます。

From Getty Image

チーズやホットワイン、クリスマス雑貨などのほか、屋台のなかにはトナカイ肉の燻製やヘラジカの肉といったこの国のクリスマスマーケットならではの食べ物を売るところも。西ヨーロッパとはひと味違う、北欧らしいクリスマスを楽しむにはぴったりの場所です。

開催期間:2017年12月2日~23日
http://www.stortorgetsjulmarknad.com/en/index.php


ストラスブール

From Getty Image

フランスのアルザス地方、ストラスブール。パリからTGVを使って2時間半ほどで行けるこの街のクリスマスマーケットは、フランス最古のマーケットとして有名です。その始まりは、1570年にまでさかのぼります。

From Getty Image

「Capital of Noel(クリスマスの首都)」と呼ばれるだけあり、その規模もヨーロッパ最大級。温かいオレンジの光、そしてホットワインとローストナッツの香りに包まれた街の中で、300を超える木組みの屋台が肩を並べています。クリスマスマーケットとしてはめずらしく、12月30日まで市が開かれているので、クリスマスシーズンを逃してしまった!という方も楽しむことができます。

開催期間:2017年11月24日~12月30日
https://noel.strasbourg.eu/en/


ルクセンブルク

From Getty Image

西ヨーロッパの小国、ルクセンブルク。この国の首都(同じくルクセンブルク)で行われるクリスマスマーケットの魅力は、なんといってもヨーロッパの魅力が一度に楽しめることです。四方をドイツ、ベルギー、フランスに囲まれ、人口のおよそ半分が移民であるこの国は、ヨーロッパの文化の交差点とでもいうべき場所。それを反映するかのように、クリスマスマーケットも国際色豊か。

屋台にはドイツのザクセン州からのシュトーレンや、フランスからのブッシュドノエルが並び、ルクセンブルク語やドイツ語、フランス語などさまざまな言語のクリスマスキャロルが聞こえてきます。もちろん、この国ならではのルクセンブルクソーセージと、グロンパーキシェシャー(ポテトパンケーキ)もお忘れなく。

開催期間:2017年11月23日~12月24日
http://www.winterlights.lu/


プラハ

From Getty Image

最後に紹介するのは「世界一美しい街」とも言われる東欧・チェコの首都、プラハ。米『USA Today』誌が行った「クリスマスホリデーに行きたい場所」の読者投票で2015年に1位を獲得しています。世界文化遺産である旧市街広場を中心に開催されるクリスマスマーケットは、チェコのクリスマスフードの甘い香りで溢れています。

From Getty Image

試してみたいのは、チェコをはじめ東欧の伝統菓子である「トゥルデルニーク」。生地を棒にくるくると巻き付けながら焼く、シナモンの香りが特徴的なペイストリーです。お酒が好きな人には、蜂蜜をつかって使って作る「メドヴィナ」と呼ばれるリキュールや、チェコのホットワイン「スヴァジャーク」もオススメ。ストラスブールと同じく、クリスマス後の1月6日までマーケットが開かれているのもうれしいポイントです。

開催期間:2017年12月2日~2018年1月6日
https://www.pragueexperience.com/events/christmas-markets.asp

文/タカハシアスカ


タカハシアスカ/ライター
ナビゲーター
タカハシアスカ/ライター
ヨーロッパ在住ライター&時間を見つけてはふらっと旅に出るウィークエンドトラベラー。 長期の海外経験で培った感覚で、アラサー女性に刺さるものをピックアップ。 日々ユニークなものを求めて、ヨーロッパ各国をうろうろしています。
このナビゲーターの記事を見る