【人気インスタグラマー発】作り置きもできる!ホワイトシチューのリメイクレシピ

冬の定番おうちごはんといえば、シチュー。1度作れば数日食べられるので、休日に作り置きをするひとも多いのでは? しかし3日も食べれば飽きてくるもの…。簡単アレンジレシピをマスターして、上手に工夫してみましょう。今回人気インスタグラマー@chinamisakamotoさんに教えて頂いたシチューのリメイクレシピは、朝食にもぴったりなヘルシーごはんです。(編集部)

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。あっという間に2月も2週目ですが、厳しい寒さの中、みなさん体調など崩されていませんか? 春はすぐそこまで!とはいうものの朝晩の寒さはピークを迎えています。今回は寒い時季、作る頻度が最も上がるシチューを使った簡単リメイク、里芋のオープンサンドをご紹介します。前回に引き続きスーパーフードも取り入れたいと思っていますので、ぜひみなさん手順を見ながらお楽しみくださいね!

材料はこれだけ!

材料は、余ったシチュー、里芋、カンパーニュ、水菜、粉末インカインチ、あれば大豆ミート、塩こしょうを使います。今回はカンパーニュを使いましたが、パンの種類はお好みでお選びくださいね。

スーパーフード「インカインチ」とは?

今回、シチューに加えた「インカインチ」は、αリノレン酸を含むオメガ3脂肪酸の中でも、酸化しにくいという特徴があります。通常、亜麻仁、えごまといったオメガ3脂肪酸は、熱に弱いためドレッシングなどに使われますが、インカインチの場合、熱を通しても成分を損なわずに吸収できるという大変うれしい特徴があります。

ヘルシー食品「大豆ミート」

最近、私のまわりでもお肉の代わりに大豆ミートを使う人たちが増えてきました。大豆に含まれるたんぱく質には、アミノ酸やイソフラボンが多く含まれています。ダイエットやアンチエイジングといった目的でも摂り入れる方が増えていますよね。そのほかにも、筋肉強化、抗酸化作用、甲状腺の働きを強化するなどの特徴があります。

オープンサンドの作り方

1.乾燥状態の大豆ミートをお湯で戻します。(袋に書かれた表示通りの時間で戻す)
2~3倍に膨れてきますので適当な大きさにカットしておきます。
2.蒸かした里芋も適当な大きさにカットしておきます。
3.手鍋に1と2、余ったシチュー、粉末インカインチを入れ、混ぜながら温めます。

4.バットにパンを並べ、3をのせます。洗った水菜を適量トッピングします。

5.オーブントースターで焼き色がついたら出来上がりです。(お好みでチーズをトッピングしてもOK)

シチューをリメイクしたオープンサンド、いかがでしたか。(私はいつも、シチューをつくる段階で同時進行でオープンサンドを作り→冷凍しています。忙しい朝などに重宝します。)冷え込むシーズンにぴったりな栄養たっぷり簡単メニュー、ぜひみなさんも取り入れてみてくださいね!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る