断面も美しい、巻き寿司をシェア! @chinamisakamoto

こんにちは。坂本ちなみです。
重箱弁当をご紹介するのも今回で第6回目! シーンを選ばず、詰め方に少し変化をつけるだけで毎回見違えるほど印象が変わる重箱ごはん。そんな簡便利な魅力にハマり、かなり活用しています。師走のイベントやお正月に向けてのレシピ提案、みなさんも楽しんでいただけると嬉しいです。

さて今回は、素朴な材料でも味よし見映えよし!な「巻き寿司お重ごはん」をご紹介します。重箱の四角い形に沿って詰めれば、おしゃれなカラフル弁当の出来上がり。

〜酢飯材料〜
(米1合)穀物酢20ml、砂糖10g、天然塩5g
*お米を炊くときに昆布5㎝角を入れるのがおすすめです。

冷蔵庫にあるものを自由にクルクルと巻くだけ。
サラダや常備菜、お漬物や卵焼き・・・なんでもOKです。
あっという間に立派な巻き寿司のできあがりです。

“巻いて、詰める”。家族や友人が集まって大人数分の料理を作る日も、これなら手間暇かけずにサクサク量産できますよ。何種類か具材を用意して、ゲストと一緒に巻き寿司作りにトライするのも盛り上がります。ぜひお試しくださいね!

写真・文/坂本ちなみ


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る