人気インスタグラマー発!「まるで魔法!どんな料理も美味しく見えるカッティングボードの魅力って?」

器だけじゃなんだか物足りない。そんなテーブルコーディネートのときに大活躍してくれるのが、カッティングボード。一つ持てばその魅力にはまり、次々別の形を入手したくなってしまう魔法のアイテムです。そこで、今回は人気インスタグラマー@chinamisakamotoさんに、そのセンス抜群な写真とともに、使い方をご紹介いただきました!(編集部) 

テーブルのイメチェンにはコレ!

カッティングボードを使うと、あらあら不思議、テーブルの雰囲気がガラリと変わります! 実用性があり、おもてなしにもぴったりです。視界に飛び込んでくる、あの独特の風合いがお料理に魔法をかけてくれますね。木の持つ柔らかな印象がテーブルを優しく演出してくれるんです。

樫、オリーブ、くるみの木を使って、お気に入りのオリジナルカッティングボードを作ってみました。硬さや大きさ、用途もさまざま、手作りすると愛着が持てて経年変化が楽しみになりそうです。

古材に取っ手を取り付ければ、たちまちアンティーク風質感に。 

プラスペーパーで彩り鮮やかに!

食材の色彩を楽しみたい時には、ぜひボードにクッキングペーパーを敷いてみてくださいね。木の温もりとペーパーとのコントラストがお料理をより一層引き立ててくれます。 

意外な料理とも相性抜群!

和食にも重宝します。カッティングボードを使うことで、何気ない食卓が特別なものに変わります。立体感が生み出すテクスチャーの輪郭と料理とのバランスなど、食事時間の楽しみが増えますね。
いかがでしたか?カッティングボードの魅力、お伝えできたでしょうか。数個あるととっても便利!ボードを敷くことによってさらに深まる時間、うれしい味わいをその日の気分で楽しんでくださいね!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る