浮気や不倫に巻き込まれない!本命恋愛だけをして幸せになるための3つのポイント

浮気や不倫の恋に悩む女性は多いもの。気が付けばまさかのセカンドポジション・・・。そんな現実を受け止めることは女性にとって辛いものです。
今回はそんな事態に巻き込まれないための3つのポイントをご紹介します。お互いにとって唯一の存在である恋愛を目指しましょう。

本命女子は翻弄されない

彼の機嫌が良い時は気持ちが上がり、彼が不機嫌な時には不安になる・・そんな経験がある人はいませんか? これは相手の態度に、気分が翻弄(ほんろう)されている状態で、相手があなたの気持ちを動かす主導権を握っている状態。

きっと、彼の気持ちが「主役」で、彼を中心に2人の時間を過ごしているはず。彼女がいつも自分に合わせてくれるので、彼にとってはとても都合がよく、居心地が良いので別れる理由はありません。この関係がいびつに成長すると、セカンドというポジションが誕生するわけです。

本命女性は自分を都合良く扱わせるなんてしません。彼女たちは自分を「主役」におき、自分の都合もしっかり相手に伝えます。

彼に合わせることは優しさではありますが、あなたにとっては優しくない行為です。

加えて、実は男性は「自分の気持ちを伝えてくれる女性」を大切な存在として認識することを覚えておきましょう。

本命女子は戦わない

本命女子は、自分と他の女性を比較することがありません。というのも、そもそも自分が本命であることに疑いをもっていないのです。誰かに取られるのではないか、あの人に勝つにはどうしたらいいのか、どうしたら彼女と別れるのかなど、彼と一緒にいるために誰かと勝負する必要がないのです。

他の女性と比較している姿は、戦っているのと同じ意味をもちます。女性に安らぎを求める男性にとって、そんな戦闘態勢が魅力的に感じられることはありません。

セカンドになりやすい傾向にあるなら、自分自身への信頼と自信を取り戻すため、戦いの場から自分をおろしてあげることが先決です。戦いの末、勝利したとしても彼と上手くいくことはほぼ期待できません。どちらにせよ、また新たな疑いが生じ、戦い始めることになるでしょう。

パートナーシップは勝負ごとではありません。本命女性はそのことを自然と知っているからこそ、穏やかで平和な関係を築くことができるのです。

本命女子は別れることを恐れない

本命女子のパートナーを選ぶ基準は「自分の幸せ」。自分を傷つける相手には興味がないのです。「彼が好き、彼といると幸せだから一緒にいたい」と、本命女子の選択基準はとってもシンプル。理想や条件ではなく自分の感覚に素直に従っています。

そして、この選択基準から外れていると感じたら、今の自分にとってのベストな選択へと切り替えるのです。時には別れることも致し方ないと思えるほど、「自分の幸せ」を大切にしています。

最初は楽しかった時間が、いつからか彼の言動に翻弄され不安に、そして不安解消に向けて意識が向きはじめてしまう。さらに、なんとしてでも別れを食い止めるためにもがき・・。

理想の男性リストに彼を当てはめて評価するのではなく、自分の気持ちを最初に確認しましょう。基準は「彼が好き、彼といると幸せだから一緒にいたい」です。

本命女子は自分の彼への想いを大切にしています。だからこそ相手の想いがどれほど大切であるかも知っています。双方の想いが大切にされる関係は、信頼関係が芽生えやすい関係です。そんな信頼できる場を与えてくれる女性を、男性は唯一の本命女性にするということを覚えておきましょう。


文/小松恭子

小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る