【スキマトリップ】 2時間半で行けるヨーロッパ! 1泊2日で極東ロシアへひとり女子旅してみない?

1泊2日あれば行けちゃうヨーロッパがあるってご存知ですか? それは極東ロシアにあるウラジオストク。どこ? そこ? と思った人もいるかもしれませんが、成田空港から毎日フライトがある上に、2時間半あれば到着してしまう海外旅行先として、今、女性たちを中心にじわじわ人気を集めています。 そこで今回、遅い夏休みとしてフラっとひとり女子旅へ。そんなスキマトリップしてきた様子をご紹介します! そもそもロシアってどんなところ? ビザは? という不安を払しょくするほど、極東ロシアは可愛い・身近・旅しやすいが詰まっていました!

【行くべき理由①】 電子ビザで行けるお手軽ロシア

実はロシアに行くのには、ビザが必要。取得するために、大使館に行ったり、申請書を出したりとなかなか面倒なゆえに、旅行先としてなかなかハードルが高い印象が強い人も多いのでは?
しかし! 今年8月にウラジオストクのみ、電子ビザが解禁! インターネットの申請だけでOKに。これは忙しいGINGER世代には朗報! ふらっとロシアへスキマトリップすることが可能になったのです。しかも、航空券代は直前でも片道¥20,000以下のことも! これは行くしかない!

毎日飛んでいるお昼の便に乗り、2時間半で到着! まずは中心のスヴェトランスカヤ通りを目指しましょう。

その町並みはクラシックスタイルでまさにヨーロッパ。緯度も北海道ほどなので、今の季節は涼しく気持ちよく過ごせます。

【行くべき理由②】 可愛いロシア雑貨探し

たった2時間半でヨーロッパの街並みにやってきたら、探したいのがオンナ心をくすぐる雑貨。ヨーロッパに属すロシアだけあって、食べ物のパッケージ、文房具、おみやげに可愛いものが詰まっています。
マストバイなのは、もちろんマトリョーシカ!

自分だけのお気に入りを見つけてみて! 中にはロシアでおなじみ「チェブラーシカ」のマトリョーシカも。もちろん可愛くて私も買ってしまいました…!
私のおすすめ店舗は中央市場にあるお土産屋さん。種類も豊富にそろっています。
さらにお土産でおすすめなのがチョコレート! 

ロシアは意外とチョコレート大国。可愛いパッケージのチョコレートがあります。おすすめは、「アリョンカチョコ」。かわいらしい女の子が目印です。

男子ウケ抜群なのは、「エリートチョコ」。プーチン首相がプリントされており、「食べたらエリートになれるよ!」と渡せば、喜んで受け取ってくれるはずです。ちなみに味は95%カカオなので、めっちゃビター。プーチンさん並みのエリートへの道は険しいってことなのか…。

【行くべき理由③】 ウォールアートでインスタ映え

私もふらっと来てみてから気付いたのですが、ウラジオストクはウォールアートがたくさん!
しかも、小道におしゃれスポットがたくさんあり、可愛いアートを探しながらお散歩できるので、女子旅にはうってつけ! 

なかでも今、おしゃれスポットと名高いのは、街の中心にある「グム百貨店」裏!
ここにはおしゃれカフェもある上、ウォールアートもたくさんあります。ぜひ、インスタ映えする写真を撮ってみて。

他にもインスタ映えする場所がたくさん! 

玉ねぎあたまが可愛らしい教会や、街を一望できる鷲の巣展望台行きのモノレールなんかもとってもキュート!

しかも、このモノレール、50円もしないで乗れるのです。ユーロ高の今、お安く行けるロシアはお財布にも優しいのです。

【行くべき理由④】 食べ物もおいしい

ロシア料理といえば…ボルシチですが、ロシアには他にもおいしいものがたくさんあります! おすすめしたいのが「ぺリメニ」。

餃子のようなものですが、サワークリームやチリソースで食べるのがロシア流。
一緒に温かいウォッカカクテルを飲めば、気分はもうロシア女子。
おすすめのお店は、Lozhki Ploshki Pelmennaya 。

店内はとーっても可愛らしく、しかも2皿+お酒を飲んでも¥1,500ほど。入りやすいお店なので、地元のおしゃれさんもたくさんいました。

それでは、今回行った場所のおさらいです。
【今回、行った場所】
〇スヴェトランスカヤ通り・・・お買い物の中心地。街のシンボル「グム百貨店」「中央広場」もあります。
○中央市場のお土産屋さん・・・マトリョーシカがたくさん
〇グム百貨店裏のおしゃれスポット・・・ウラジオストクの若者も大注目
〇鷲の巣展望台へのモノレール・・・ウラジオストクが一望できる場所へ行く可愛いモノレール
○Lozhki Ploshki Pelmennaya ・・・おいしいぺリメニのお店

1泊して帰りは午後便で。関東近郊を旅行するように行けてしまうヨーロッパ。面倒なビザ申請も不要になり、これから女子大注目のスポットです! あなたもスキマトリップしてみませんか?

文/もろたけいこ


【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
某キー局勤務・バラエティ番組担当のディレクター。 社畜生活の傍ら、スキマ時間で旅をするスキマトラベラー。世界一周も経験し、54か国渡航・行っていない大陸は南極だけ。かつて、お昼の番組でスイーツ担当のため旅行以外にもスイーツ情報も得意。
このナビゲーターの記事を見る