アメリカでハロウィンを体験する旅はいかが? 押さえておきたいハロウィン基礎知識

ハロウィンが近づいて来ました。最近では日本でもハロウィンのイベントなども多くなり、オレンジ色のデコレーションが目立つようになってきました。 アメリカでは、みなさんのイメージどおり、大人も子供も大盛り上がりの一大イベント。秋にアメリカを旅行するなら、ぜひハロウィン当日の滞在を検討してほしいところ。現地でイベントを思う存分堪能するためにも、押さえておきたい基礎知識をご紹介します。

日本のかぼちゃは「パンプキン」ではないって知ってる?

From Getty Image

ハロウィンのデコレーションといえば「ジャック・オー・ランタン」。パンプキンを人の顔の形にくりぬいたものですね。アメリカでは10月に入るとスーパーなどにパンプキンが出回り始め、子供たちが思い思いのジャック・オー・ランタンを作ります。
できたジャック・オー・ランタンは、中に光を灯して魔除けとして玄関脇へ置くのが一般的です。くりぬいた中身はパンプキンパイの材料として使われます。

From Getty Image

日本のカボチャの皮が緑なのに対して、ハロウィンで使われているパンプキンはオレンジ色ですよね。日本でパンプキンといえば「カボチャ」のことを指しますが、実はこのオレンジのパンプキンは日本のカボチャとは種類が違います。ちなみに、英語では日本の緑のカボチャはパンプキンとは呼ばれません。では、なんと呼ばれているのか? ズバリ「カボチャ・スクワッシュ(瓜)」と呼ばれています。
味のほうは、カボチャに比べてパンプキンの方が甘みが少ないようです。

トリックオアトリートに気軽に参加する方法って?

From Getty Image

ハロウィンの当日は子供たちが仮装をして近所の家を周り、トリックオアトリートをします。近所の家を周り「Trick or Treat!(お菓子をくれないとイタズラするぞ)」と言うとお菓子がもらえます。

From Getty Image

最近ではショッピングモールや商店街などでトリックオアトリートを行なっていることもあります。お店に入るだけで、何も買わなくても店員さんが用意してあるお菓子を配ってくれます。ハロウィンの日にアメリカにいるけど、子供を連れて家を回るのはちょっと勇気がない…という人にもオススメです。

仮装していないと目立つので要注意!

From Getty Image

大人はというと、ハロウィンの日には仮装して夜の街に繰り出して、あちこちでパーティーが繰り広げられます。この日の繁華街は仮装した人だらけになりますので、お祭り気分が味わえること間違いなしです。

またレストランやスーパー、銀行、空港職員といった接客業だけでなく、この日は普通のオフィスでもみんな仮装して仕事をしています。仮装していないと逆に目立ちますので、ハロウィンの時期にアメリカに出かけるなら魔女の帽子やネコの耳など、ちょっとした仮装グッズを持っていって、その雰囲気を満喫してくださいね!

文/クロウェルゆうこ

クロウェルゆうこ/編集・ライター
ナビゲーター
クロウェルゆうこ/編集・ライター
編集・ライター。エンタメ系プロデューサー歴7年の後、渡米。海外への留学アテンドや、文化交流を中心に活動し、現在は翻訳業のほかライターとしても活動中。
このナビゲーターの記事を見る