世話好きおかんタイプに警報!その恋、長く続かないかも…:結婚偏差値ノート20

「吊り橋効果」というロジックを知らない人はいないはず。実は、恋愛にはこうした鉄板のロジックが他にも存在するのをご存知でしょうか…?
月間約600万PV、twitter約36万フォロワー(2アカウント合計)! 日本一恋愛相談を受けている大人気ブロガー DJあおいさんによる恋愛講座。今回は、頑張り屋さんのGINGER世代向けのロジックをご紹介します。早速チェックしてみましょう。

今回は穴埋め!
結婚偏差値70の問題です。

○○○女は惚れやすく、
○○○○○男は冷めやすい。

○に当てはまる言葉を入れて、文章を完成させてください。

Licensed by Getty Images

正解は「尽くす、尽くされる」でした!

それでは早速解説してみましょう。人には助けた人を好きになる心理作用があります。助けてくれた人ではなく、助けた人を好きになるのが人なのです。

人は矛盾を嫌うもので、その行動と気持ちに整合性を持たせようとする心理が働きます。嫌いな人を助けた場合「嫌いなのに助けた」という矛盾が生じますよね。その矛盾を解消するために、その人に好意を抱き「好きだから助けた」と、その行動に整合性を持たせる心理が働くということです。

そのことを踏まえると、男性に尽くす女性は尽くせば尽くすほどその男性に惚
れてしまいます。それはそれで決して悪いことではないのですが、往々にして尽くすタイプの女性というのは甘えるのが下手くそな性質を持っていて、一方的に尽くすだけの関係になってしまうことが多いんですよ。

世話好きなおかんタイプに多い傾向なのですが、一方的に尽くすだけの関係に
なると恋愛感情は自分だけが燃え上がることになってしまいます。男性は尽くす機会もなく尽くされるだけなので、その恋愛感情は日に日に下火になっていく一方。片や燃え上がり、片や冷めていくアンバランスな関係になって、女性は恋愛感情が絶頂のタイミングで男性に飽きられるという悲惨な結果になってしまうのです。

自身の恋愛感情を維持するためにも尽くすことは大事なことですが、尽くすだ
けではその関係は維持できないということ。

いつまでもラブラブチュッチュな関係でいたいのなら、たまには甘えたりワガ
ママを言ってみたりすることも大切。男性に助けさせてあげるイベントを演出することも、尽くすことと同様に大事な習慣なのですよ。

助け合い尽くし合うことによってお互いの恋愛感情は維持されていくものなので、男性の手を借りずに何でも自分でやってしまうのはNG。

助け合いのバランスを上手に取っていくことが長続きの秘訣なんですよ。以
上、DJあおいでした。


DJあおい/恋愛アドバイザー
ナビゲーター
DJあおい/恋愛アドバイザー
恋愛アドバイザー。twitterで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー約36万人(2アカウント合計)。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は月間600万PVを誇る。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されている。『だからね、「少し距離を置こう」は「もう別れたい」という、優しい嘘なんですよ。』(幻冬舎文庫)が好評発売中。
このナビゲーターの記事を見る