【スキマトリップ】1日の休みで行けちゃう!まさかのホーチミン!

もし1日休みがあったら、どこまで行こう…? 台湾? 韓国? 実はその気になれば、ベトナム・ホーチミンは1日で満喫できちゃうってことを知っていますか? 成長著しいホーチミンは、フランスとアジアが融合した文化が根付いている、GINGER世代の女性にピッタリの旅行先。しかも、ビジネスマン向けに深夜・早朝便も多く、6時間寝れば、着いてしまうので時間を無駄にせず楽しめるエリアなのです。今回は女子旅におすすめ! 1日でホーチミンを楽しむ「スキマトリップ」をご紹介します。

【FOOD】女性に大人気のヘルシーフードだらけ

仕事終わりに、その日の深夜便で羽田空港を出発! 朝5時にはホーチミンの空港に到着。
まずは朝ごはんを食べたいですよね。ホーチミンの朝はとても早く5時には開いているお店もたくさん。
ベトナムといえば…フォー! GINGER世代の女性にも、ヘルシーと大人気のフォーを本場で楽しみましょう。私のおすすめは「Pho Le」。お出汁が美味しく、「こんなおいしいフォーは初めて!」という旅行客からの声も多いお店です。ちなみに1杯200円ほど。とにかく、安い!!
他にも、最近日本で人気が高まっている「バインミー」もベトナムフード。

ホーチミンにもおしゃれなバインミーのお店がたくさんありますが、あえてのおすすめは、ローカルなお店「Nhu Lan」。本場ならではの味を楽しめるのと、なによりパンが絶品! ベトナムはフランスの植民地だったこともあり、パンのクオリティがとても高いのです。絶対に食べてほしい逸品です。

【PHOTO】世界一怪奇な公園・スイティエン公園

世界一怪奇な公園と呼ばれる場所が、実はホーチミン近郊にあります。その名も「スイティエン公園」
ここは、本当に、本当に面白すぎるから、GINGER世代の女性も童心に戻ってしまうはず! 実は私も過去に担当番組のロケで行こうと企画したことがあるほど、注目のアクティビティが盛りだくさん。
東京ドーム22個分と広大な敷地の中には、プール、遊園地、水族館、ワニ釣り…など!
なかでもおすすめはプール! 不思議なオブジェだらけのこのプールは、インスタ映え間違えなし! 

なぜこんなオブジェがプールにあるのか、謎は深まるばかり…。浮き輪も自由に使えるので、防水ケースを持って行って写真を撮りまくりましょう。
続いて、必ず体験していただきたいのが「ワニ釣り」。

人間の身長ほどある立派な大きさのワニなので、もちろん釣ることはできません。生の鶏肉を釣り竿につけて、ワニと戯れる遊びです。案外、長く戯れるのが難しく、エサを取られたらまた買い…と、金魚すくいにハマった子どものような気分になれます。

入園料・プール・ワニ釣り3回を楽しんでも300円以下! コスパがよすぎるレジャースポットです。

【SWEET】可愛すぎるアイスと市場探索

歩き回って写真をたくさん撮ったら、小腹が空きますよね。ホーチミンには超絶可愛くておいしいアイスクリーム屋さんがたくさんあります。
おすすめなのは「Fanny!」。アイスクリームがメインのカフェですが、アイスケーキやパフェなどの盛り付けもとてもオシャレ。暑くへばったカラダに、しつこくない甘さがしみこみます。お腹に余裕があれば2つ3つ頼みたいところ! もちろん、カフェではベトナムコーヒーも一緒にオーダーを。フランスの文化がここにも根付いており、おいしいコーヒーを楽しめます。

From Getty Image

オシャレなカフェだけじゃなく、市場にもぜひ足を運んでみてください。そこにはローカルスイーツの「チェー」が見つかるはず!

From Getty Image

カラフルな色合いにドキッとするかもですが、豆や寒天が主なトッピングなので、ぜんざいのような感じです。

【HEELING】贅沢エステとネイルをして帰国

From Getty Image

物価の安いベトナムだからこそ、日帰りで体験したいのが贅沢なエステ。1万円あれば、顔からボディまでフルコースでケアできます。これこそGINGER世代におすすめしたい1DAYトリップの真骨頂。普段の疲れをぜひ癒しましょう。
日本語対応のサロンも多いので、お好みの場所を探してみて。
エステだけじゃなく、ネイルも安いんです! ホーチミン最大の市場・ベンタイン市場の裏には「ネイルストリート」と呼ばれる場所が! アートつきジェルネイルが1500円ほどでできちゃいます。値段交渉すればもっと安くなるかも…。
さらに欲張るなら、オーダーメイドのアオザイを作っちゃうのもおすすめ。

朝オーダーすれば、夜には受け取れるお店も。民族衣装で現地を歩くと、その土地に染まった気分になれますよ。私は6年前にホーチミンでオーダーしたアオザイを、今でも毎回持っていって着ています。3000円ほどで作れるので旅の記念にもGOOD!
食べて、遊んで、癒されて…キレイになったら、深夜便で東京へ帰りましょう。朝7時には到着! そのまま仕事に向かうこともできるスケジュールで1DAYホーチミン満喫完了です。

【今回の旅のまとめ】
●行った場所
・フォーのお店「Pho Le」
・バインミーのお店「Nhu Lan」
・スイティエン公園
・アイスのお店「Fanny!」
・ベンタイン市場
・エステ&ネイル

●今度行ってみたい場所
・マジェスティックホテル:フレンチコロニアルの美しいホテル。ホーチミンで1番有名なホテルです。
今度は泊まってみたい! このホテルの屋上にある「エム・バー」では宿泊者じゃなくても、サイゴン川を見ながらカクテルを楽しめます。(6年前にBARだけ行って、学生のくせに優雅な気分になれました)

物価が安いのに、女子の欲望を満たしてくれるホーチミン。案外遠く感じていても1日で楽しめちゃう。どうしても旅に出たいけど1日しかない!そんな時、ホーチミンへスキマトリップしてみませんか?

文/もろたけいこ


【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
ナビゲーター
【GINGERエージェンシー】もろたけいこ/テレビディレクター
某キー局勤務・バラエティ番組担当のディレクター。 社畜生活の傍ら、スキマ時間で旅をするスキマトラベラー。世界一周も経験し、54か国渡航・行っていない大陸は南極だけ。かつて、お昼の番組でスイーツ担当のため旅行以外にもスイーツ情報も得意。
このナビゲーターの記事を見る