不安から脱出したい人に必ず読んでほしい、絶対に失敗しない方法とは?

どちらかというとマイナス思考だと、自分のことを分析している人も中にはいるのではないでしょうか。不安で仕方がない、失敗するのが怖い。確かに誰もが感じる気持ちではあるけれど、ポジティブシンキングだったらもう少し楽に生きられるんじゃないかって思ったことはありませんか? どうやらコツがあるらしいのです。
著書累計67万部突破、ブログ「美人になる方法」は1日約5万人が訪問。女性から絶大な人気を誇るワタナベ薫さんの最新刊『あなたは、「別れ」でもっと輝ける!』を参考に、あなたも意識改革をしてみませんか?

人生は〇と×で必ずしも分けられない。だから、どうするか

From Getty Image

人は毎日、何かしらの決定をして生きています。大なり小なりその決定が人生のわかれ道になることがあります。特に、結婚や別居、離婚、子供を産むかどうするか? または転職……その決定が本当にいいのかどうか、不安で不安でしょうがない。誰もがそう思うことでしょう。

 なぜ人は不安に思うのでしょうか? それは失敗したくないから。そして、その不安というものは、何が起きるかわからないまだ見ぬ未来に抱くもの。しんどいことがあるかもしれない、という単なる想像からきています。

 しかしながら、ものは考えようでして、「失敗」というのはただの概念であり、絶対に失敗しないこともできるのです。その方法は、あなた自身が「失敗した」と思わなければいいのです。たったそれだけ。それに似て、決定したことを「後悔したくない」も同じです。後悔しない方法は、「後悔しない」と決めて、絶対に後悔しなければいいだけです。

 人生は、○と×で白黒はっきりさせられるものばかりではありません。いつでも、○から×に転じますし、逆もありきで、×から○に転じる可能性だってあるのです。
 たとえば、彼氏にフラれたというのが×だと思っているかもしれません。しかし、その人が、暴力をふるう人だったら、その人と付き合わなかったことは○になるでしょう。お金持ちでかっこいい彼と結婚できた。しかし、彼は浮気ばかりする人で悲しい思いをしているならば、○だと思っていたのが、結婚後×となるかもしれないのです。
 人生はわからないものなのです。すべてそれを柔軟に受け入れようと思ったときに、失敗も後悔もなくなるのです。

意識の向け方で見える世界が一転します

From Getty Image

ただし、何かを決定する前、そして決定した後に、不安というのが完全にゼロの状態にならないこともあります。たとえば以前、離婚を決意したけど、不安で不安でしょうがない、と読者の一人から相談されたことがあります。それは当然のことでしょう。その方は、シングルマザーとして生きていかなくてはならず、いろんな要素が絡んでいますから、なおのこと不安だったことでしょう。ただ一つその方がいっていたのは、後戻りしたら絶対後悔する、と思っていたこと。これだけわかっていたらもう十分です。決めて前に進んだときには、「後悔しない」と腹をくくることです。
 どの道を選んだとしても、喜ぶべきこともイバラの道もあり、半分半分なのです。

 しかし、意識の向けどころで、そのいいことも悪いことも半分半分ではなくて、「いいことが多い」と感じることもできます。それは、自分の身に起きている「いいこと」「楽しいこと」「ありがたいこと」にいつも注目することです。

 目の前に現れてくれる世界は、自分の意味付けでどうにでもなります。悪いことが起きて、「悪いことだ、悪いことだ」と嘆くこともできますが、次なるステージでの「学びや教訓だった」と思うこともできるわけです。

 何が起きてもすべて自分の意味付け次第。さらにいえば、これからの自分の人生も、どういう意図と設定を持つかでまったく違ったものになるのです。

「今」だけに集中すると不安に襲われない

From Getty Image

「よし! 私の人生、これからはバラ色にする! そのためには……」というような意思を持って生きるのと、「不安で不安でどうなることやら……」と不安のバイブレーションを発するのとでは結果がまったく違います。

 私たちは前に進むしかないのです。見るべきところは、「未来と現時点」。良き未来を妄想したら、あとは着実に今しか見ない。そして、今だけ見ていけば、不安から解放されます。

 誰もが、不安を抱えて生きています。それを背中にドッシリと背負っている人も、小脇にチマッと抱えている人もいることでしょう。手の中に石コロ程度の小さな不安を握りしめている人もいるかもしれません。

 持っている不安が大きく感じるのは、動くことをせず、その不安ばかりを見るからなのです。不安もあるけど、ガシガシ前に進むよー! という前向きな気持ちで歩き出せば、不安に注目せず、前を見て進むので不安はどんどん小さくなっていきます。動いたら案外、なんでもなかったことにも気付くことでしょう。動こうとする前が一番不安を感じるのですから。

 そして、もし今つらくてしんどい状況の渦中にある方がいたとしたら、少しだけそれが軽くなり、悩みから解放される方法をお伝えします。

 前を見ると不安になる。後ろを見ても不安になる。ならば、今の瞬間だけに集中すると、不安というものは何も存在しません。今の瞬間、瞬間だけに意識を集中する。そうすると全ての悩みから解放されることでしょう。

泣くなら、「今泣いている」ことに集中を

From Getty Image

起きてもいない未来を心配したり過去を悔やんだりしても、時間軸には常に「今」しか存在しません。「今のその瞬間」を味わいきっていると、それ以上のことは何も考えられません。

 もし、今苦しくて悲しくて泣いていたとしたら、泣いていることだけに集中してみてください。「ああ、私、今すごい泣いているな~」と。その感情にとことん浸ってそれに意識を向け、味わいきっているうちに、「ああ、私、今泣いているな~。つらいんだねー」と俯瞰(ふかん)できるようにまでなってきます。俯瞰できたときには、もう、感情のフィルターがスコーンと外れていますので、ものすごく客観的な視点に変わっています。

「今」に集中することで、すべての悩みから解放されます。なぜなら、過去も未来も現実的に経験できなくて、「今、この瞬間」のみしか経験できないのだから。

ワタナベ薫
ナビゲーター
ワタナベ薫
1967年生まれ、仙台在住。 株式会社WJプロダクツ代表取締役。作家、コーチ。 美容、健康、メンタル、自己啓発、成功哲学など、女性が内面と外面の両方から綺麗になる方法を、独自の目線で分析して配信している。 著書に、『美人は「習慣」で作られる。』(小社)、『運のいい女の法則』(三笠書房)などがある。
このナビゲーターの記事を見る