どこかへ行ってしまわないうちに!【E-girls山口乃々華連載 ののペディア/不意】

E-girlsメンバーの山口乃々華さんが、瑞々しい感性で綴る連載エッセイ「ののペディア」。今、心に留まっているキーワードを、50音順にひもといていきます。

第28回「ふ」:不意


いつもの黒い自転車に乗ろうとしたとき、
ある部分だけが白くなっていることにふと気づいた。

スーパーマーケットで買い物を終えたわたしの両手は、買い物袋で塞がっていた。
ひじの血管に袋の持ち手が食い込んで、指先がじんじん、としはじめたたところだった。

そろそろ痺れてしまいそうだったけれど、なんだか気になったので、しゃがんで覗き込んでみる。


なんだろう、もしかしてサビてしまったかと心配しながら(普段は屋根つきの、けれど雨風に当たってしまう駐輪場に置いている)、荷物をいったん地面に置いて、じんわりと感覚を取り戻しはじめた指先で撫でるように触ってみた。


ふわふわ。


近づいて見ると立体的だったそれは、かなりふわふわした手触りだった。

もしかしたら変な虫かも、と思って一瞬手を引っ込めたけれど、生き物のようには感じられない。

安心して、もっとしっかり観察してみたら、ただの白い綿毛らしかった。

自転車のフレームにぴったりと張り付いて、ふーっと息を吹きかけても微動だにせず、糊で貼り付けられたかのように、そこにいた。


いつからここにくっついていたんだろう。


わたしの自転車に、たんぽぽの花でも咲かせる気なのだうか。

小さな頃に吹いて飛ばした、たんぽぽの綿毛のことを思い出した。


でも、それとはまた違うのだ。

ここにくっついているふわふわは、もっとまあるくて、色はたんぽぽの綿毛よりも真っ白。


それに綿毛だったら、種ごとにバラバラになるはずだけれど、これはぴったり密着して団体行動をしている。


いったい何者なのだろうか。


例えるならば、ダウンジャケットの中からときどき飛び出てくるダウンのような姿。


じいっとそれを見つめるうちに、ある考えが頭の中に浮かんだ。


これはもしかして、もしかして、


ケセランパサラン?



ケセランパサランの話は、いつだか忘れたが耳にしていて、うっすらと記憶に残っていた。

たしか、昔から妖精やら妖怪に近い存在とされながらこの世に生息する、謎の生き物だったはず。


それに、幸せを運んでくれる、なんてことも言われていて

とにかくいいな、と思ったのだった。


そうだとしたら、どこかへ行ってしまわないうちに!と、そっと指でつまみあげ、その子を連れて急いで家に戻った。

うちに着くと鍵を開け、ドアを開けたら靴を脱いで、重たい荷物をそこらへんに置いて、いつのまにかギュッと握っていた掌をそっとひらいた。


ケセランパサランは、もういなかった。


季節は春。
天気のよい昼下がり。


なんだか神秘的な体験だった。


不意に訪れた不思議なあの子。
次はどこへ行ったんだろう。


​【ののペディア/不意】
突然に現れて、跡形もなく消えるもの

山口乃々華 / E-girls
ナビゲーター
山口乃々華 / E-girls
3月8日生まれ、埼玉県出身。2011年にLDH主催の「VOCAL BATTLE AUDITION 3」を経て、2012年発売の「Follow Me」よりE-girlsとしてデビュー。2014年から女優業もスタートし、映画「イタズラなKiss THE MOVIE」シリーズ、ドラマ・映画「HiGH & LOW」シリーズやHulu版「崖っぷちホテル!」にも出演する等、活動の幅を広げている。この夏は7月10日(金)全国ロードショー映画「私がモテてどうすんだ」にヒロイン役にて出演! BL大好き妄想ヲタク女子なのに・・・4人のスーパーイケメンDK(男子高生)にモテまくる!? 笑って!歌って!踊って!抱腹絶倒のミラクル☆ラブコメディ!
このナビゲーターの記事を見る