寒い冬はカレーが食べたい! カレー女子が選ぶ吉祥寺の名店

こんにちは!カレーと音楽が好きなイラストレーター、かざまりさです。冷え込む日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。今回は、人気店やカレーを提供する喫茶店の多い吉祥寺のカレー店をご紹介します。
吉祥寺のカレーはインドカレーや日本のカレーなどの要素を取り入れつつ、独自にアレンジされたものが多い印象です。個性的な色の濃いお店、ぜひチェックしてくださいね。

1. ピワン

まずご紹介するのは、吉祥寺駅北口からすぐのハモニカ横丁内に位置する人気店、ピワンです。数年前に初めて食べてから何度か訪れている大好きなカレー店で、吉祥寺に来るときには頻繁に足を運びます。基本のメニューに加えて、日替わりの個性的なカレーを提供されているので毎回違った味を楽しめます。

ピワンのカレーというとまず注目すべきは美しい盛り付けです。お皿の中心にターメリックライスが堤防のようにぴっちりと長方形に盛り付けられ、両脇にルーが注がれます。店主の丁寧な仕事が盛り付けからも伺えます。

店内は全5席(カウンター3席+立ち席2名)とコンパクトで、3名以上での入店はできませんが、1人もしくは2人でゆっくりと静かにカレーを味わえるのもピワンらしい良いところ。

カレーメニューは

チキンカレー ¥900 (大 ¥1,000)
今日の”おカレー” ¥900 (大 ¥1,000)
2種盛りカレー ¥1,200 (大 ¥1,300)

の3種。

私が選んだカレーはこちら!
2種盛りカレー ¥1,200  チキンカレー、グリーンキーマ(日替わりカレー)

素敵な器に美しく盛り付けられたカレー・・・!食べるのがもったいないくらいです。お皿にバーンと豪快に盛り付けられた食堂のカレーという感じのカレーも良いですが、繊細なカレーが味わえるのがピワンです。

店主がしゃもじ2枚を使ってギュッギュッと手際よくターメリックライスの堤防を形作っています。

まずはチキンカレー。さらさらとスープ状のルーにスパイスが効いた、体に美味しさがやさしく染み渡るようなカレーです。食卓でいう味噌汁のように、日々の生活にスッと馴染むような親しみをなぜだか感じてしまいます。かといって家でこの味を作れるのかといったら、作れません。だから何度も足を運びたくなってしまうのですね。

スパイスが効いているのですが、さほど辛くはなく、それもほどよい繊細なバランスで加えられているのだと思います。
チキンもやわらかく、しかし食べ応えがあってさらさらのルーとの相性は抜群! 中央のライスを少しずつそっと崩しながら、堤防を壊さないよう慎重に食べ進めます。ライスはインディカ米なので日本米よりも粘度が低く、スープ状のルーとの相性が考えられています。

そして次は日替わりのグリーンキーマ。こちらはパクチーとミニトマトが上にトッピングされた、エスニックな味わいのキーマカレーです。ひき肉がたっぷり入っていて、ルーはココナッツミルクのコクを感じます。こちらもチキンカレーと色は違いつつも繊細さを感じるやさしい味。
グリーンキーマ側からもライスをそっと崩しながら食べていきます。堤防を極限まで保ちつつバランスよく2種のカレーを食べ進めていき、最後に堤防を壊して少し混ぜながら食べるのが私流ピワンの2種盛りカレーの楽しみ方です。

夏には冷やしカレー(!)など個性的なカレーが食べられる日も。(冷やしカレーもとっても美味しかったです!)ぜひ吉祥寺に訪れた際には季節や日毎に違ったカレーを食べられるピワンに足を運んでみてください。

『ピワン』
場所:JR吉祥寺駅北口から94m(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4 ハモニカ横丁)
営業時間:平日 12:00~15:00(L.O) 18:00~20:00(L.O)、土日祝 11:30~16:00(L.O)
定休日:水曜日・不定休  席数:5席(カウンター3席+立ち席2名分)  予約:不可
備考:日替わりカレーはtwitter・Instagramにてお知らせ
Web:https://www.facebook.com/piwangcurry
https://twitter.com/piwang_curry
https://www.instagram.com/piwaang/

*2020年1月に吉祥寺内の別の場所に移転予定

2. Sajilo Cafe

吉祥寺駅北口から徒歩7分ほど歩いた場所にお店を構えるSajilo Cafe。吉祥寺のほかに西荻窪、軽井沢にも系列店が4店ある人気店です。

Sajilo Cafeはネパール・インド料理のお店で、駅から少し離れた道路沿いという立地ながら学生や主婦など多くのお客さんでいつも賑わっています。平日のお昼でも必ずといっていいほど行列ができています。

外観も内装も、古道具店のようなシャビーな雰囲気があり素敵です。お店の雰囲気も吉祥寺や軽井沢といった立地にぴったり。カレーが提供されるのを待っている間も内装を見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。そして店員の男性がとても陽気で店内はいつも賑やか。お客さんの笑顔が絶えません。

ランチメニューはAセット(カレー1種/¥1,000)とBセット(カレー2種/¥1,150)があり、それぞれカレーにナンorライス、サラダ、ドリンクがセットになっています。 

カレーは

・チキン
・マトン
・ベジタブル
・日替わり

の4種から選べます。

Sajilo Cafeはネパール・インド料理のお店ということでカレーにナンをつけられるのですがその種類も豊富。プレーンナンのほか、ガーリックナン、チーズナン、ベーコンチーズナン、スイートナンなどさまざまです。お店ではチーズナンが人気で注文しているお客さんが多くいました。(セットに+200円でチーズナンに変更可能)

カレーの辛さの調整も可能なので辛いのが苦手な方でも安心ですね。
また、ナンのおかわりが+100円でできるというのも良心的。ナンを思う存分食べたいという方にもおすすめです!

私が注文したメニューがこちら!
Bセット ¥1,150
(税込¥1,265)

・チキンカレー、ベジタブルカレーの2種
・プレーンナン
・ラッシー
・サラダ

カレーはどちらもクリーミーでほっこり優しい味。
辛さ0.5(中辛)で注文したのでほとんど辛さはなく、野菜や生クリームの甘みを感じます。チキンカレーもベジタブルカレーもルーはとろりとしていてまるでポタージュスープのよう。
野菜とスパイスが複雑に混ざり合った、深いコクと甘みが感じられます。卓上に置かれたスパイスであとから辛みを足すこともできますよ。

チキンカレーはベジタブルカレーよりもややトマトの風味が強く、それでも酸味はまろやかでほっとするやさしい味です。チキンもやわらかく煮込まれたものがごろごろとたくさん入っていてボリューム満点。

ベジタブルカレーはやさしくこっくりとした味。
もっちりとして甘いナンにつけて食べると至福です。ドリンクのラッシーもさわやかで、またカレーと合います。ドリンクとサラダも付いてカレーのボリュームたっぷりでこのお値段はかなり良心的。

ナンとカレーが食べたい!という気分の日にぜひ訪れてほしいお店です。次回は人気のチーズナンを頼んでみたいと思います!

『Sajilo Cafe』
場所:JR吉祥寺駅北口から徒歩7分(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-8)
営業時間:月〜金曜日 11:30 - 15:30 (L.O. 15:00)、18:00 - 23:00 (L.O. 22:30)
土日・祝日 11:30 - 23:00 (L.O. 22:30) *ランチメニュー  L.O. 15:00
定休日:無休  席数:席 予約:不可
備考: 日替わりカレーはTwitterにてお知らせ(全店舗共通)
Web:http://sajilocafe.jp
https://twitter.com/neelsajilo
https://www.instagram.com/sajilo_kayo/

今回は吉祥寺の美味しいカレー店をご紹介しました。個性的なカレー店が集う吉祥寺、冬の散歩がてらカレー店に入ってスパイスで温まってみてはいかがでしょうか。

写真・イラスト・文/かざまりさ

かざまりさ
ナビゲーター
かざまりさ
イラストレーター。92年生まれ、都内在住。雑誌やウェブのイラストを中心に活動中。カレーと音楽を愛し、過去におすすめのカレー店をまとめたカレーZINEを制作したことがある。
このナビゲーターの記事を見る