人気インスタグラマー発 旬の紫芋コロッケレシピ

そろそろ晴れやかな秋空が心地よい頃。家族や友達、恋人と美味しいごはんを片手に、うつろう景色を楽しみませんか。秋のレジャーといえばピクニック! 外ごはんには、手軽に食べられる「キューブコロッケ」がおすすめです。そこで、まもなく収穫期を迎える紫芋を使ったレシピを人気インスタグラマー@chinamisakamotoさんに教えていただきました!(編集部)

ひと口サイズが魅力のキューブコロッケ

こんにちは。ソトナカごはん担当のチナミです。紫芋は今が旬、秋が旬、だからこそこの時季に味わいたい! 今回は、そんな紫芋の超カンタンお料理をご紹介したいと思います。おもてなし風にアレンジしたり、おやつになったり、お弁当のおかずになったりとアレンジ自在の「キューブコロッケ」です。ぜひお楽しみくださいね。

紫芋は言わずと知れたさつまいもの仲間。しかしながら、その栄養素は群を抜いています。もともとさつまいもには、ビタミンCやカルシウム、食物繊維など豊富な栄養素が含まれていますが、紫芋には多くのアントシアニンがプラスされます。アントシアニンはポリフェノールの一種で、老化防止や生活習慣病予防に役立つ抗酸化作用が強いことで注目されています。

作り方1〜2

1.蒸かしたさつまいもをマッシャーでつぶします。熱いうちにバター適量、塩胡椒を入れてよく混ぜ合わせます。

2.さつまいもをキューブ状に成型します。大きめに作るときは、中にチーズを入れてもおいしいです。

作り方3〜5

3.片栗粉→とき卵→パン粉の順につけていきます。

4.適温できつね色に揚げます。中は火が通っているので、お好みの色加減になれば出来上がり。(ノンフライヤーでもOK)

5.余白にプチトマトを盛り付けていきます。

作り方6〜7

6.乾燥パスタを使って、オリーブをトッピング。

7.バジルがあれば彩りがきれいに仕上がります。

+盛りつけ方にもこだわって

さらに余白を使って、半分に切ったコロッケを盛り付けていきます。

別々に盛り付けると、こんな雰囲気に。

簡単キューブコロッケ、いかがでしたか。旬の今しか味わえない豊かな風味を、ぜひご賞味くださいね!


坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る