出逢いを次のデートに確実につなげるために必要な3つの心得とは?

貴重な出逢いの場のチャンスを活かしていますか? 気合い十分で食事会に出かけたものの、帰りには反省会を兼ねての女子会になってしまったなんて経験ありませんか…? 今回ご紹介するのは、焦ると忘れてしまいがちな出逢いにおける基本のルールです。次につながる、出逢いの場の活かし方をおさらいしておきましょう。

POINT1:気合の入れすぎに要注意!

From Getty Image

パートナーが欲しい気持ちが高まると、「このチャンスだけは逃したくない!」と期待が高まるもの。でも、その想いがあまりにも強すぎると、一方的になり、空回りしてしまいがちなので要注意! 例えば初対面の相手に必要以上に自分をアピールしたり、時期尚早なのに際どい質問を投げてしまったり…。
また、気合いの入りすぎたオシャレにも注意したいところ。カジュアルな場にバッチリメイクは厳禁。その場の雰囲気にあったコーディネートを心がけて。男性が声のかけやすいナチュラルさを意識してキープしておくことも必要です。

POINT2:会話は肯定から始めて、彼の心を掴む

From Getty Image

男性だって自分に興味を示し、話を聞いてもらえることは嬉しいもの。ポイントは相手の話をまずは肯定的に受け取ること。そうすることで男性の中に「認められた」という安心感が生まれ、会話がつながりやすくなります。相手の話を否定したり、遮って自分の意見を先に口にしてしまうと、「拒否された」と認識されて壁ができてしまうので注意が必要です。
男性は自分に価値を感じさせてくれる女性をそばに置きたいという傾向があります。会話を掘り下げていく前に、まずは話をしやすいと感じられる心の環境作りから始めることが肝心です。

POINT3:アピールポイントはあなたの世界観

From Getty Image

優秀な男性ほど女性との会話に集中しているもの。つまり、男性の気を引くためのしぐさや所作だけでは彼らの印象には残らないので、次にはつながりにくいのです。
彼らの興味は、もしあなたと一緒にいたなら、どんなことが起きそうなのか?
楽しい未来を描いていると判断できた女性には興味津々。想像力を掻き立てられると、話の続きが気になり…。もちろん次の誘いにつながりやすくなります。
大切なのは、あなた自身がちゃんと興味があることを楽しそうに話せるかどうか。おしゃれをして誰にでもできる話でお茶を濁して、連絡先を手に入れても、その先に未来はないと心得て。

文/小松恭子


小松恭子/パートナーシップカウンセラー
ナビゲーター
小松恭子/パートナーシップカウンセラー
パートナーシップカウンセラー。全ての女性が愛と幸せの発信源となることを願い、愛し愛されるパートナーシップの仕組を学べる講座を横浜、東京で開催中。
このナビゲーターの記事を見る