【お金の常識チェック】10%値引きと10%ポイント還元。お得なのはどっち?

お財布にポイントカードは何枚入っていますか? ドラッグストア、お気に入りのブランドなどありとあらゆるショップのカードでお財布がパンパンなんて人も多いのではないでしょうか。リアルショップだけではありません。ネットショッピングでのタイムセールや10倍ポイントなど、せっかく買い物をするなら少しでも得をしたいのが本音。ディスカウントサービスを見比べて、どれを選べばいいのか悩むこともしばしば。さて、いったいどれが本当にお得なのでしょうか。 公認会計士、平林亮子さんから学ぶお金講座。今回のテーマは、「ディスカウントサービス」。お金の基本をおさらいして、正しい判断でお買い物をしましょう。

値引きとポイント還元どちらがお得?

From Getty Image

【問題】10%値引きと10%ポイント還元。消費者にとってお得なのはどっち?

コンビニエンスストアでも、コーヒーチェーン店でも、百貨店でも、
「ポイントカードはお持ちですか?」
という言葉を聞かないときはない今日この頃。
私自身、毎回の問いかけに鬱陶しさを感じつつも、ポイントを貯める楽しみを享受しています。
ポイントといっても、買い物に利用できるものから景品に交換できるものまでいろいろありますが、買い物に利用できるポイントは、その分、値引きをしてもらうようなもの。
それでは、10%値引きと10%ポイント還元は、消費者にとってどちらがお得なのでしょうか。


消費者にとってプラスなのは…

From Getty Image

答えは10%値引き!
10%値引きの場合、100円の商品を90円で購入できます。
一方、10%ポイント還元の場合には、100円の商品を購入すると、10円分のポイントがつくことになります。つまり、110円分の商品を100円で購入できるということです。
言うまでもなく、10%値引きの場合には、
値引き額10円÷100円=10%
となり10%の値引きとなります。
一方、10%ポイント還元の場合には、
値引き額10円÷110円=約9%
となり約9%の値引きということになります。計算上は、10%値引きの方が消費者にとってお得なのです。
なお、消費者にとって10%値引きがお得ということは、企業にとっては10%ポイント還元の方がお得ということになります。
10%ポイント還元は約9%値引きと同じですからね。
さらに、単なる値引き率の違いだけにとどまらず、ポイントを使うためにお客さんが再び来店してくれる、ポイントがあるためにいつもよりたくさん買ってもらえる、といったプラスアルファの効果をもたらすこともあります。
一方で、ポイントを管理する手間が生じるなどのデメリットもありますけれどね。
消費者としても、ポイントカードの管理は大変ですもんね!

「決算セール」の理由とは?

From Getty Image


ところで、値引きといえば、年末や年度末に、「決算セール」といった大規模なセールが行われたりします。そんなとき、「そんなセールをするくらいなら、初めから値引きしてくれればいいのに」と思ったことはありませんか?
企業は、3か月、半年、1年といった期間の売上や利益を集計して業績を測ります。その期間の初めには、どれくらい売れるかわかりません。そのため、最初から値引きをするのは難しいですし、避けたいわけです。
でも、一定期間が経過すれば、目標の売上や利益を稼ぎ出せるかどうかがわかります。ある程度、売上や利益を確保できるとわかれば、どのくらい値引きができるかもわかってきます。また、季節の変わり目に新製品との入れ替えが行われるのであれば、在庫を持ち続けるより、値引きしてでも販売してしまった方がいい、という判断も出てきます。
そうした時機を待って、値引きをするというわけです。

【答え】
10%値引き。10%ポイント還元は、
約9%の値引きと同じ。

平林亮子
ナビゲーター
平林亮子
公認会計士。1975年千葉県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部地理学科出身。大学3年次在学中に公認会計士試験合格。 起業やプロジェクトのたち上げから、経営全般に至るまであらゆる面において経営者をサポートしている。 『決算書を楽しもう』(ダイヤモンド社)、『お金が貯まる5つの習慣』『<新版>相続はおそろしい』(幻冬舎新書)『レシートで人生を変える7つの手順』(幻冬舎)など、著書は監修も含めると50冊を超える。
このナビゲーターの記事を見る