知っておきたい! 初詣で使える手水舎での正しいマナーとは?

神社などでの手水舎でのマナー、きちんとできていますか?この一連の作法は古来から続く「禊(みそぎ)」の儀式が簡略化されたもので、清浄な心身で参拝するために行われるもの。この機会にマスターして、神様にも“デキる大和撫子”と思われちゃいましょ。

手水舎の基本:神様にお会いする前


神前に出る前に、手水舎(てみずや)で手を清め、口をすすぐことによって穢(けが)れを祓(はら)います。 これは神様の前に出るときに心身を清める最低限のマナーです。


手水舎のマナー①:まずは左手から清めます

① 右手で水をくみ、左手を清める。
<注意> 柄杓で水をくむのは1回のみ。以下は一度くんだ水で行う。

② 左手に柄杓(ひ しゃく)を持ち替え、右手を清める 

 
手水舎のマナー②:口を浄化し、穢れを払います

③ もう一度右手で柄杓を取って左の手のひらに水をため、口をすすぐ。
<注意> 柄杓に直接口をつけない。 水を吐き出すときは、ほかの人にかからないよう注意する。 

 
手水舎のマナー③:流れるような動作で最後まで美しく

④ 柄杓を立てて、残った水で柄杓の柄に水を流して洗う。

⑤ 柄杓置きに柄杓をもどし、ハンカチなどで手や口をふく。  

茂木貞純
ナビゲーター
茂木貞純
国学院大学神道文化学部教授。専門は神道祭祀学、戦後神道史。著書に『日本語と神道』(講談社)、『「新日本建設に関する詔書」考』(『国学院雑誌』107巻)などがある。古宮神社(埼玉県熊谷市)宮司。
このナビゲーターの記事を見る